願いが叶う物語

本当の才能に目覚め、自由に輝こう!/Famille.inc CEO 笠松 拓也の"生き様むきだし"blog

「価格設定」こそ、事業者の「愛」だから

「商品にどうやって価格をつけたらいいですか?」 事業をやる以上、誰もが一度は聞きたくなる、この質問。

「NO.1でありたい」

いつの日か、置いてけぼりにしていた 僕の中に確かにあった この本音を思い出した。 僕は 誰が、なんと言おうとも この本音を叶えてあげたいと思うんだ

もっと安心して「絶望」していいよ

みんなね もっと安心して「絶望」していいよ もっと安心して「怒り」つくしていいよ もっと安心して「悲劇のヒロイン」やっていいよ

「怒り」は、「もっと自分を大切にしようよ。基準あげようよ。」というサイン

最近、久しぶりに、爆発的に怒った。 激おこだ。

どれだけ、手放してもいいよ

「どれだけ、手放してもいいよ」

好きなことをビジネスにしたいなら、「誰と生きたいか?」を決めること

「好きなことをビジネスにするために大事なことは何ですか?」 その答えは数多くあるけれど、 僕が一番大事だと思うのは

【軽やか】に幸せでありたいなら、一番【重い】責任を引き受けると「楽」だよ

「ただ、幸せの波動の中にいればいい」

愛する人を理解したい ~共に生きる【いまここ】にありがとう〜

「物語」を創り・語るために、僕らは出会った

「喜び」の涙を流す、仕事をしたい

仲間たちと創った【ビジネス合宿in箱根】を終えて 本当に「最高純度」の空間だった そして、この「純度高い空間」が 隼人さん、加美さん、るーさん、はじめとした仲間が お客さんたちが 僕が生きる意味、仕事をする意味を 思い出させてくれたんだ