魂の願いが叶う物語

本当の自分に還り、自由に輝く人生へ。魂を喜ばせよう!

人生は【眺める】ものじゃない。【生きる】ものだ。

「人生は【眺める】ものじゃない。 【生きる】ものだ。」 あの日、僕は誓いをたてた。

「幸せであり続ける」ために大切な、たった一つのこと

事業にかける想い〜ビジョンを語る〜

==========「物語を生き、感動して稼ぐ」事業者を輩出したい==========

お客さんからの「愛」を受け取る 〜この生き方・ビジネスは間違いない〜

この1年、事業者として、駆け抜けてきた。 「この愛を放てて、死ねるなら本望だ」

お客さまからいただいた「笠松 拓也」の紹介文・推薦文

お客さまからの紹介文を掲載しています。嬉しい僕の「宝物」です。

【感動】していれば、どうしたって稼げてしまう 〜「大好き」なことで、ビジネスをすべき理由〜

「どうして大好きなことが、ビジネスになるんですか?」

稼ぎたいのなら「役に立とう」「価値を出そう」は捨てておけ

のっけから これまでのビジネスの基本を 土足で踏みつけるような言い分だけど 何度問うても確信してる。

「自分をなめるなよ」

僕は ここ数日で 生きる基準を段違いに上げた

稼ぎたいのなら、「怖さ」を感じていけばいい。それが「進め」の羅針盤。

「告知を出して集客できなかったら、どうしよう」 「集客できても、成果を出せなかったら、どうしよう」 「まだまだ確信がなくて・・・」 こんな言葉を、これまで何度聞いたかわからない。

【事業者】という物語をあなたに

「物語を創りたい。小説家になりたい。」

「悔しかったら、わたしを幸せにしてみてよ。稼げよ。男になれよ。」

「悔しかったら、わたしを幸せにしてみてよ。稼げよ。男になれよ。」

最高のハネムーン〜愛する人の最高の笑顔〜

「豊かさこそ、永遠の真実である」 そんな確信をくれる旅だった

「稼ぎたい」=もっともっと、自分を丸ごと表現したい。生きたい。

僕が「稼ぎたい」と強く望む時 いつも、その奥にある本音は

もっと、自分で自分を褒めて

あなたがパートナーに 「褒めて」「安心させて」「信頼して」 と求める時

本音の表現

僕らはずっと 求めてきたはずだ そう。 本音の表現 その中でこそ 僕らは 最高の喜び。 最高の感動。 最高の安らぎ。 に包まれる。