願いが叶う物語

"本当の自分"を表現したい貴方へ。自由な生き方&ビジネス教えます。

3.人間関係-パートナーシップ・家族・恋愛-

どれだけ、手放してもいいよ

「どれだけ、手放してもいいよ」

愛する人を理解したい ~共に生きる【いまここ】にありがとう〜

「婚約解消」が教えてくれたこと 〜僕は想いを「語り」あいたかった〜

僕が何よりも「罪悪感」を感じていた ある出来事を語ろうと思う。 僕は二年前、「婚約」を解消している

愛してる

「もし、俺が将来稼げなくなったらどうする?それでも、一緒にいる?」

「もし、俺が将来稼げなくなったらどうする?それでも、一緒にいる?」 先日、妻の唯に聞いていた。 口に出してみて気づいたけれど 「男は、女を守らなければいけない」 僕は、そう強く思っていたんだ また、一皮向けたエピソードを書ききったので、最後まで…

「僕の生き方を応援してほしい」

「僕の生き方を応援してほしい」 僕の心の深いところにあった、この願い。 それを、大切な人たちへ伝えることができた時 僕は、また「強く」なれたと思う。

やりたいことを貫くと、大切な人を悲しませる

まぁ、こんな自由にやりたい放題 やってるくせに 何を言ってるんだwって話なんだけど 自分の深い所に こんな【幻想】が 確かに残っていた。

僕は「人間関係」を学ぶために、「ビジネス」をしている ~「愛」の循環=ビジネスの成功~

年末年始は、お気に入りのコメダで 「初心を還る」をテーマに、これまでの人生・キャリアの振り返りをしていた その中でも、自分に深く問いかけたのが 「どうして、自分でビジネスをしているのか?」

「別れの道」を引き受ければうけるほど、「一緒に生きていけるから」 〜「離婚」の危機をへて確信したこと〜

2016年の大晦日 唯と久々に激しく喧嘩をしまして 「もう、やってけない。顔も見たくない」 というところまで、やりあった。

「ぼく」のかわりに泣いてくれる「きみ」

ぼくは、きみで きみは、ぼくで...

幸せは無条件に受け取っていい 〜ちょっと変わったクリスマスプレゼント〜

「幸せになることが怖いんです」 僕は、そんな厄介な葛藤も、一つ一つ抱きしめていきたい。 今日は、そんなお話。

『よくがんばったね』

『よくがんばったね』 今日、その一言が僕の口元から漏れた時 涙とともに、胸いっぱいの【愛】を受け取れた。

二人の「笑顔」が、幸せの羅針盤

いま、一番大切にしたい人は誰だろう?

「大丈夫」とは命への信頼 -「大丈夫、大丈夫」の発祥は【この人】だった-

「僕らなら大丈夫。 大丈夫。」

子宝を授かりました。 -子供に魅せたい「未来」を、自分の姿で示すこと-

「君に出会うために、生きてきた。」

「パートナーと別れるのが怖い」=「自分が自分を見捨ててしまうのが怖い」

「本音をいって、パートナーと別れることになるのが怖いんです」 その不安はね、本当のところ パートナーとの問題ではないんだよ

今日から、【家族】はじめます。 〜『結婚』&『会社設立』しました〜

ここに、ご報告いたします! 今しか、遺せない想いを書き記します。

『結婚』するから、もっと「自由」になれるんだ 〜パートナーとは「許し」あうために出会ってる〜

僕は以前、【怒り】を恐れていたことがある

「愛してる」=「どんなあなたでも、信じてそのまま生きて」 〜彼女の実家へ【結婚】のご挨拶〜

「拓也くんにバトンを渡します。」

僕らは、「弱さ」を許し合うために出会うから

怒りに身を任せるあの人も いつも被害者づらのあの人も 自分の課題から逃げてしまうあの人も 一人孤独でいたがるあの人も

「別れる」覚悟、それでも「一緒にいたい」という願い 〜幸せなパートナーシップ/彼女の存在から学んだこと〜

「パートナーシップで大切なことは?」 この問いに、僕はこう答える。

パートナーに稼いでもらうことも、あなたが『稼ぐ』ことだから

「稼ぎたいんです!」 そう望みを言い切る姿勢は素敵だね。 ただ、時にはちょっとゆるめに考えて

「豊かさ」は「この人の喜ぶ顔がみたい」という想いの中にある。

僕とゆいの話をしよう。 最近、ゆいが体調を崩した時 久々に、スーパーの食料品売り場で買い物をしてきたんだ。

最高のパートナーシップの築き方

『パートナーシップ』 これは、僕の【十八番】といえる領域だから 今日は、僕の体感したエッセンスを語ろうと思う。

永遠に、共に、あるべき場所へ。僕らは輝く。

今日は、エンゲージリングのオーダーへ行ってきた^^

結婚します。 〜望みを叶えて、愛する人を愛しぬく〜

【日本一の女性と結婚します】

出会ってくれてありがとう。

許せない人が自分の世界に現れたらね その時はチャンスなんだ自分を許すチャンス

僕らの命は無限の愛で紡がれてきた。バトンを渡すのは”あなた”だ。

「わたしが、子供にしてあげられることは何ですか?」 その問いに 僕はこう答える。

愛してるけど、大嫌い。

「ありのままを愛しましょう。」 「すべてを許しましょう。」 そりゃ素敵で綺麗な言葉。 ただね

「怒り」は、本音を世界に放てていないサインだ。

今、僕らは大きな時代の転換期にいる。