願いが叶う物語

本当の才能に目覚め、自由に輝こう!/Famille.inc CEO 笠松 拓也の"生き様むきだし"blog

4.願いが叶う-自分を愛する

言いたいことを、言いたい人へ

「自分が価値があると思えなくて・・・」 「成果を出せる自信がなくて・・・」 「なんかエネルギーが上がらなくて・・・」 こんな感じで、”ざっくりしたテーマ”を ずっとグルグルしたまま抱えている人へ。

孤独を引き受けた時、命は輝く

孤独を引き受けることが 自分をどこまでも愛するキーだ。

満月前夜の祝詞

「魂の記憶を思い出せ この命の目的の彼方 次なるビジョンへ 途方もなく 解放された未来へ 源とつながり その愛を その言葉 その眼差し その指先にこめて 謳うように 踊るように 祈るように 命を捧げ あなたが生きたい 星を 世界を 舞台を いまこそ 描き、創…

「もっと稼ぐよ」

本当は 次のビジョンが湧いているのに それを掴みにいくことを決めてなかったり 稼ぐ基準を上げることをためらってると 下記のような症状が現れ始めるw

いつでも【0】になれる潔さ

「また、来世でわかりあおう」  

怒りでキレ倒した、5月だった。

「幸せ」を目指さなくなってから ずっと前から 本当は 幸せであったことに気がついた

「幸せ」を目指さなくなってから ずっと前から 本当は 幸せであったことに気がついた

「親になろうとなんてしないで、もっと気楽にやったらいいよ。」

月日が流れるのも早いもので あと1ヶ月あまりで、家族が一人増える

僕は、ただただ遊んで、つくりたい!ぞれだけ!  〜すべては、「遊び」からうまれる〜

今日は、新月だし… 薄々、自覚してた【本音】をカミングアウトしようと思う。

「この淋しさをわかってほしい」

僕らの「人生」は この切なる願いから、始まっているのだと思う

一日一生

隠したいことこそ、エネルギー全開で、この世界に叩きつけよう

隠したいことこそ、エネルギー全開で 誰でもない、自らの手で 白日の下 、晒しあげればいい

安らぎを手に入れたいなら、「感情」ぜんぶ抱きしめて

僕らはね、この世界で どこまでも「安らぎ」を求めている では、どうすれば そんな「安らぎ」を手に入れることが できるんだろう?

信じ抜きたいのは、「動き出そうと決心した自分の心」

4月にスタートしてライフスタイル・ビジネスカレッジ(LBC) メンバーそれぞれが、ビジネスをはじめとした、あらゆる人生のフィールドで ガンガン「成果」をあげてくれている その中で、最近僕がとことん嬉しかった出来事をシェア!

大嫌いな「母」と「父」

今日は、ちょっとした昔話をしようと思う。 僕の「母」と「父」について。 僕のルーツについて。

私の魂は、何を経験したがっているのだろう?

今日、起こった出来事今日、出会った人々今日という日を通じて 私の魂は、何を経験したがっているのだろう?

「強さ」と「弱さ」

怒涛の4月が終わった。 僕の人生レベル、とてつもない気づきが沢山あった月だった。 一言で言うと・・・ 「しんどい〜!もう、しんどい!しんどい!」 そんな月だったww

「一番望んでいることから、逃げていないか?」

「休むのが苦手で..」 そんな人は 「一番望んでいることから、逃げていないか?」 それを自分に問うてみるといいよ。

「ただ全力で生きている」

「ん〜感動した!...」

”感動”と”打算”

人は”感動”に対しては、妥協なくお金を払う。 人は”打算”に対しては、妥協なく値切ろうとする。 ”感動”と”打算” どちらをうみだしたいか? どちらの世界に生きたいか? 自分で決めればいい。

Cafe&Bar PATERSがオープン!

スポンサーをさせてもらっている Cafe&Bar PATERSがオープン!

産声を上げよ。

産声を上げよ。

なにがあっても 世界のど真ん中に居座り続けろ。

なにがあっても 世界のど真ん中に居座り続けろ。

自分を、とことん感動させよう。

自分を、とことん感動させよう。

「自分の人生を生きる」とは

「自分の人生を生きる」とは ワガママだとか、自己中だとか そんなレベルの話ではない。

自分への信頼を取り戻せ。

‪やりたくないことは「”今は”やりたくない」から、やりたくないんだよ。‬‪ ‬‪やりたいことは、「”今”やりたい」から、やりたいんだよ。‬

もう逃げたくないのなら、【逃げた】自分を直視せよ

「想いを込めても、必死で努力をしても、どうせ報われない。」

全開で生きよう。

「自分の責任で失敗させてくれよ」

「いつまで、弱いふりしてますか?」

「自信がなくて…」「わたしなんかが…」「自分に向き合えてなくて…」

望みは、ひっぱってくるもの

今日、「新月」とともに、怒涛のコンサル週間が終わった