読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「パートナーシップをよくすれば、ビジネスはうまくいく?」

このテーマに、一言、物申しておこうと思う。

一番欲しいものに手を伸ばす『怖さ』 〜【月7桁プレーヤー限定サロン】にかける想い〜

「ビジョンを分かち合い、共に輝いて生きる」

「わたしは、愛する人を、愛するものを...自分の美学を全力で愛した。」

「わたしは、愛する人を、愛するものを...自分の美学を全力で愛した。」

あの日、世界を自由に愛すると決めた。”稼ぐ”と決めた。

僕が、この生き方、このビジネスをはじめて ちょうど1年がたった。

「あなたのビジネスに、命は宿ってる?絶対に、遺したい愛はある?」

「もっと、命を使い切れよ」 今日、京都・鞍馬寺にて こんなメッセージを受け取った。

「恐怖」と「怒り」があるから、僕らはもっと「幸せ」であれる

本気で愛した経験が、僕らを強く、優しくする。 〜1日で900万円分の「愛」を受け取る〜

昨日、募集開始した 〜物語を生き、感動して【稼ぐ】〜 「ライフスタイル・ビジネスカレッジ」

人生は【眺める】ものじゃない。【生きる】ものだ。

「人生は【眺める】ものじゃない。 【生きる】ものだ。」 あの日、僕は誓いをたてた。

「幸せであり続ける」ために大切な、たった一つのこと

事業にかける想い〜ビジョンを語る〜

==========「物語を生き、感動して稼ぐ」事業者を輩出したい==========

お客さんからの「愛」を受け取る 〜この生き方・ビジネスは間違いない〜

この1年、事業者として、駆け抜けてきた。 「この愛を放てて、死ねるなら本望だ」

お客さまからいただいた「笠松 拓也(&サービス)」の紹介文・推薦文

お客さまからの紹介文を掲載しています。嬉しい僕の「宝物」です。

【感動】していれば、どうしたって稼げてしまう 〜「大好き」なことで、ビジネスをすべき理由〜

「どうして大好きなことが、ビジネスになるんですか?」

稼ぎたいのなら「役に立とう」「価値を出そう」は捨てておけ

のっけから これまでのビジネスの基本を 土足で踏みつけるような言い分だけど 何度問うても確信してる。

「自分をなめるなよ」

僕は ここ数日で 生きる基準を段違いに上げた

稼ぎたいのなら、「怖さ」を感じていけばいい。それが「進め」の羅針盤。

「告知を出して集客できなかったら、どうしよう」 「集客できても、成果を出せなかったら、どうしよう」 「まだまだ確信がなくて・・・」 こんな言葉を、これまで何度聞いたかわからない。

【事業者】という物語をあなたに

「物語を創りたい。小説家になりたい。」

「悔しかったら、わたしを幸せにしてみてよ。稼げよ。男になれよ。」

「悔しかったら、わたしを幸せにしてみてよ。稼げよ。男になれよ。」

最高のハネムーン〜愛する人の最高の笑顔〜

「豊かさこそ、永遠の真実である」 そんな確信をくれる旅だった

「稼ぎたい」=もっともっと、自分を丸ごと表現したい。生きたい。

僕が「稼ぎたい」と強く望む時 いつも、その奥にある本音は

もっと、自分で自分を褒めて

あなたがパートナーに 「褒めて」「安心させて」「信頼して」 と求める時

本音の表現

僕らはずっと 求めてきたはずだ そう。 本音の表現 その中でこそ 僕らは 最高の喜び。 最高の感動。 最高の安らぎ。 に包まれる。

「価格設定」こそ、事業者の「愛」だから

「商品にどうやって価格をつけたらいいですか?」 事業をやる以上、誰もが一度は聞きたくなる、この質問。

2017年、世界最高の基準で生きると決めた。 〜【自分を生きる】生き様で稼ぐ世界〜

「月7桁(100万)プレーヤー30名」&「月8桁(1000万)プレーヤー5名」 これだけの、【幸せに稼ぐ事業者】を、僕は輩出することに決めた。

「NO.1でありたい」

いつの日か、置いてけぼりにしていた 僕の中に確かにあった この本音を思い出した。 僕は 誰が、なんと言おうとも この本音を叶えてあげたいと思うんだ

もっと安心して「絶望」していいよ

みんなね もっと安心して「絶望」していいよ もっと安心して「怒り」つくしていいよ もっと安心して「悲劇のヒロイン」やっていいよ

「怒り」は、「もっと自分を大切にしようよ。基準あげようよ。」というサイン

最近、久しぶりに、爆発的に怒った。 激おこだ。

どれだけ、手放してもいいよ

「どれだけ、手放してもいいよ」

お祝いさせてもらえる「喜び」 〜師匠「加美大輔」へ贈る言葉〜

突然ですが 今日は 僕の人生における 恩人であり 師匠であり 「希望」である 「加美大輔」への想いを綴りたいと思います

好きなことをビジネスにしたいなら、「誰と生きたいか?」を決めること

「好きなことをビジネスにするために大事なことは何ですか?」 その答えは数多くあるけれど、 僕が一番大事だと思うのは

【軽やか】に幸せでありたいなら、一番【重い】責任を引き受けると「楽」だよ

「ただ、幸せの波動の中にいればいい」

愛する人を理解したい ~共に生きる【いまここ】にありがとう〜

「物語」を創り・語るために、僕らは出会った

「婚約解消」が教えてくれたこと 〜僕は想いを「語り」あいたかった〜

僕が何よりも「罪悪感」を感じていた ある出来事を語ろうと思う。 僕は二年前、「婚約」を解消している

「喜び」の涙を流す、仕事をしたい

仲間たちと創った【ビジネス合宿in箱根】を終えて 本当に「最高純度」の空間だった そして、この「純度高い空間」が 隼人さん、加美さん、るーさん、はじめとした仲間が お客さんたちが 僕が生きる意味、仕事をする意味を 思い出させてくれたんだ

◆必ず、望みを叶える3つのステップ 〜幸せであり続ける【あり方】〜

「どうしたら、望みが叶いますか?」 その答えはシンプルだ

愛してる

好きなことを、仕事にしたいならね   「好きなことで、仕事をする」と   いまこの瞬間「決める」ことだよ

好きなことを、仕事にしたいならね 「好きなことで、仕事をする」と いまこの瞬間「決める」ことだよ

「もし、俺が将来稼げなくなったらどうする?それでも、一緒にいる?」

「もし、俺が将来稼げなくなったらどうする?それでも、一緒にいる?」 先日、妻の唯に聞いていた。 口に出してみて気づいたけれど 「男は、女を守らなければいけない」 僕は、そう強く思っていたんだ また、一皮向けたエピソードを書ききったので、最後まで…

「罪悪感」で、いまを超えていけ

「罪悪感から、どうすれば抜けられますか?」 それはね その罪悪感からの「学び」を受け取りきることだよ

喜びのままに「世界の遊び方」を生み出す -自分を生きる×未来につなぐ→子孫繁栄-

「自分を生きる」ビジネス=喜びのままに「世界の遊び方」を生み出すこと

「僕の生き方を応援してほしい」

「僕の生き方を応援してほしい」 僕の心の深いところにあった、この願い。 それを、大切な人たちへ伝えることができた時 僕は、また「強く」なれたと思う。

やりたいことを貫くと、大切な人を悲しませる

まぁ、こんな自由にやりたい放題 やってるくせに 何を言ってるんだwって話なんだけど 自分の深い所に こんな【幻想】が 確かに残っていた。

僕は「人間関係」を学ぶために、「ビジネス」をしている ~「愛」の循環=ビジネスの成功~

年末年始は、お気に入りのコメダで 「初心を還る」をテーマに、これまでの人生・キャリアの振り返りをしていた その中でも、自分に深く問いかけたのが 「どうして、自分でビジネスをしているのか?」

「別れの道」を引き受ければうけるほど、「一緒に生きていけるから」 〜「離婚」の危機をへて確信したこと〜

2016年の大晦日 唯と久々に激しく喧嘩をしまして 「もう、やってけない。顔も見たくない」 というところまで、やりあった。

◆”自分を生きる”「はじまり」は一日にして 〜【募集開始】1/21 新春「一族大集合」トークライブ&合宿〜

「あの日が、全ての始まりだった」 【自分を生きる】と決めた人には、必ずそう思える日がある

「ぼく」のかわりに泣いてくれる「きみ」

ぼくは、きみで きみは、ぼくで...

僕が応援したい友人・彼の夢を、紹介します。 〜「喜び」に生きる人こそが、新たな【希望】を生み出す〜

この投稿を読んだら、ぜひシェア先の「森 雄翼」の投稿を見て欲しい。 僕の、最も大切な友人である森くんが、以前から語っていたビジョンをカタチにしようとしてる。 彼は、僕の「命の恩人」だと勝手に思っているくらい、大切な友人。 だから、今日は彼から…

最高に売れる商品の【創り方】(Part2/2) 〜個人起業一年目・年3000万超稼いで学んだこと〜

「どうしたら売れる商品が創れるのか?」 事業者ならば、誰もが考える問いだと思う。今日は、昨日に引き続き、この1年で培った【知恵】をシェアするからぜひ最後まで読んでみて。

最高に売れる商品の【創り方】(Part1) 〜個人起業一年目・年3000万超稼いで学んだこと〜  

「どうしたら売れる商品が創れるのか?」 事業者ならば、誰もが考える問いだと思う。 今日は、この1年で培った【知恵】をシェアするから ぜひ最後まで読んでみて。