読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆好きを仕事に、愛する人を愛しぬく◆幸せなライフスタイルをビジネスにする「あり方・やり方」伝えます。

「やっぱり世界は優しいよ」

クライアントさまの声

 

◆グループコンサルを受けようと思ったきっかけ・決め手

笠松さんの投稿の「大丈夫」に、イラっとしたから(笑)

つまり、何をやっても、褒められても、自分満たしをしても、どこかにいつもいつも不安を抱えていた私は、こんなにも軽やかに大丈夫と言える笠松さんが心の底から羨ましくて、強烈に憧れたということです。

そして、のどから手が出るほどその感覚を手に入れたかったです。

 

◆グループコンサル中の変化・物語

休むこと、これをまず自分で決めて、実行する練習をしました。

罪悪感も出たし、お試しもいっぱい来ました。(スタッフが体調不良になるとか、休みにくい状況が現実で起こったり)

でも、それでも決めたとおりに休むことで、挑戦したことの結果をちゃんと受け取ることを学びました。それは少しづつ、自信と大丈夫の基盤を作ってくれました。

 

怒りもたくさん経験しました。

ひとつづつ、ステージを登りながら、クリアしていきました。

何に怒っているのか、その原因は違和感の放置や、自分よりも人を優先した時、そして相手に依存されていると強く感じる時に出ているなと思いました。

現実が荒れ放題になったこともあったけど、まだその途中だけど、諦めずに対話を続けて「あなたが大事なの、大好きなの」「でも、私はこう生きたいの」を伝える練習をしています。

それでも、全部捨てて独りぼっちになっても自分の望みを叶えますか?そのお試しも、だんだんレベルが上がっていくのだなぁと感じています。

現実では、私はいつも雇用者としての責任と自分を生きたい!の狭間で揺れながら、ひとつづつ向き合っています。

行動すれば、必ず現実が動いて魅せてくれるのを感じています。

例えば全く反応のなかった採用に男性の応募が来たり、人との出会いがあったり、「やっぱり世界は優しいよ」を現実としてたくさん見せてもらっています。

そして、今まで持っていた物を手放し、新たな世界へ飛び出す準備が、今少しづつ、でも確実に動いています。

 

◆グループコンサルを終えての感想・手に入れたもの 

・何をやっても大丈夫だし、やってもやらなくても大丈夫だし、どの道を通っても決めることだけ決めておけば、正解も不正解もないと体感できたこと

・大丈夫!って言えるように、思えるようになったこと