願いが叶う物語

"本当の自分"を表現したい貴方へ。自由な生き方&ビジネス教えます。

【希望×不安=幸福】生命行動(living behaviour)&死回避行動(death-avoiding behaviour)」〜『不可思議/wonderboy』死ぬ気でやれば"生"は輝く〜

私は物語が好きだ。様々な物語を通じて、「何のために?」という問いに押しつぶされそうな自らの人生に、ひとかけらの意味を見出すことが出来た時、私は心底生きていてよかったと思う。

映画『Living Behavior(不可思議/wonderboy 人生の記録)』 

f:id:nekopenguin0705:20150418215545j:plain

今日は、2011年24歳にして急逝したポエトリーラッパー「不可思議/wonderboy」のドキュメンタリー映画の上映会に足を運んだ。私が心酔しすぎているアーティストだ。

f:id:nekopenguin0705:20150418215559j:plain

 

孤高のポエトリーラッパー、不可思議/wonderboy。2009年に彗星のごとく姿を現した彼は、独特な言葉のセンスとパフォーマンスで脚光を浴びた。2011年には日本を代表する詩人 谷川俊太郎と共演し、本人許諾で「生きる」を音源化。透き通った声で歌われた同曲は、3.11直後の日本人に響き一晩で完売した。その勢いのまま待望の1stアルバムを発表。彼は確実に夢へと近づいていた。

しかしその約1ヶ月後、彼の人生は突然、幕をおろすことになる。当時24歳の若さだった彼の訃報に多くのファンが言葉を失った。それから3年以上の時が経った。彼がポエトリーラップに込めた想いは、下火になるどころかインターネットや仲間のライブを通じて広がり続けている。YouTubeの動画再生も40万回を超え、ファンを公言するクリエイターも増えている。今もなお、人々の心を揺さぶりつづける不可思議/wonderboyは一体どのような人間だったのか。

Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録

 


【LIVE】生きる / 不可思議/wonderboy - YouTube

 

彼のリリックの一節一節には、「命を燃やし尽くしたい、表現し尽くしたい」という圧倒的な希望を感じる。そして、その希望と同じくらい、裏側にある不安や恐怖や弱さがにじみ出ている。それら全てが、まさに自分の存在を肯定してくれているような気がするのだ。

 

生命行動(living behavior)&死回避行動(death-avoiding behavior)

70分ほどの映画の中でも特に印象に残ったシーンがあった。それは、詩人:谷川俊太郎が不可思議のLive映像を見ながらインタビューに答えるシーン。シーンの解説がパンフレットに掲載されていたので、一部紹介する。

 

f:id:nekopenguin0705:20150418215548j:plain

...そこで谷川俊太郎は、イギリスの哲学者「O.S.ウォーコップ」の『生きた挙動と死の回避行動』という考え方を引用し、

「人間は本来生きるために素直な行動を取る生き物。現代は医療や薬に頼って延命するなど死を回避する行動が目立ちすぎている。その点"彼は生きた挙動"そのものだ」と評していた。

 -(中略)-

ウォーコップは、人間の行動を「生命行動 living behaviour」と「死回避行動 death-avoinding behaviour」に分けている。これはサリヴァンの満足追求行動と安全保障感追求行動にほぼ対応すると私は思う。恐怖は突き詰めれば、死への恐怖である、肉体の死にしても社会的(対人的)死にしても。

[中井久夫『「思春期を考える」ことについて』(ちくま学芸文庫)より]

 

 

希望を原動力に生きたい

私は「生命行動」←→「死回避行動」というモデルを非常に気に入った。もっと乱暴にいってしまえば、生命行動とは、内なる「こうしたい!あちら側いきたい!」という希望を原動力とした行動であり、死回避行動とは、「死なないように、傷つかないように、痛まないように」という不安を原動力とした行動である。

 

私はできれば前者の生き方をしたい。自分でコントロールできない死を恐れ、自分の生を抑圧するような生き方はしたくない。だから、自分を愛し解放し、「希望」を原動力に生きていきたいと願った。

 

しかし、何かが足りない気がしていた。

 

不安を原動力するな。そして不安から目を背けるな。

私は希望を原動力に生きたいと思った。だから、自分の希望に耳をすませた。でも、そうすることで、いつのまにか自分の「不安」から目を背けていた。

もちろん、不安を原動力にして生きることは止めるべきだ。不安からは不安しか生まれない。しかし、不安から目を背けていてはいつか希望も見失う。

希望とは、未来・未知へ手を伸ばす意志だ。ここではない、どこかへ自己を飛躍させる行為だ。先日のエントリーでもクドクドと書き連ねたが「未知に不安・恐怖」はつきものだ。

 

blog.nekopenguin.com

 

大きな希望の裏側には、大きな不安がある。そんな当たり前のことを、私はいつも見失いそうになる。「不安になってはいけない」「恐怖にのまれてはいけない」と思うがあまり、その存在を無視しようとしていた。しかし、それは裏側にある希望をも無視する行為だ。

そしてこの先には、自分の手の届く範囲のものだけにしか手を伸ばさず、また自分の領域がいつ侵されるんじゃないか?と惨めに怯えている私しかいない。それこそ、死回避行動にほかならない。

 

本当に欲しいものを手にいれるためには、いいとこどりなんてできない。

 

私は、幸福を勘違いをしていたのかもしれない。不安・恐怖がない状態の中に幸福があるとおもっていた。 しかし実は、幸福はそんな制限されたガラス細工のような脆い状態の中にあるのではなく、もっと鋭利で、もっと張り詰めていて、もっと希望や恐怖が荒ぶって交わる状態の中にあるのだと思う。

 

そういえば、「家無し、職なし、仕事なし」で世界を行脚し、話題沸騰中の坂爪圭吾さんがtwitterでこんなことを言っていた。

出版社の方から取材(?)を受けた。「モノを減らすと幸福度は上がりますか?」と質問された時に、自分は幸福になりたくて家のない生活をしている訳ではないのだということを感じた。乱暴な言葉でまとめると『幸せよりも興奮と熱狂』だと思ったし、極論、別に不幸でも問題ないと思った。

『幸せよりも興奮と熱狂』この一言こそ、「生命活動」そのものだと私は思う。

「幸せ・幸福」などの言葉に一種の牧歌的イメージがある。しかし、そうすることで、何か重大な側面を削りおとしてしまっているのではないか?本当の幸福から遠ざかっているのではないか?と私は思い始めている。

 

本当の幸福は、希望も不安も全部ひっくるめた中の、圧倒的「生命活動」に宿るのではないか?自らを表現し、興奮と熱狂の揺らぎの中にあるのではないか?

今は、まだこれ以上の言葉と感覚は私の中にはない。だから、最後に不可思議/wonderboyのリリックを借りたいと思う。

 

「迷わず迷える力がある 

誰にでも頼れる弱さがある 

こんな俺にだってドラマがある 

死ぬ気でやれば”生”は輝く」―不可思議/wonderboy『火の鳥

 

 

「分からない事ばかりで分かった気になっちまう

なんだかんだ言って自分の事が一番分からず

草原で星を読むひつじ飼いになれたら

波の上で風を読む漁師になれたら

悉く綻ぶ心の隙間に

今日も乾いた風が吹き込む

孤独ぶって嘆くのは簡単な事だけどそれを力に変えるのは至難の業だ

どこまでも無様で格好悪いのは自分が一番知ってる

それでも悲劇のヒロインなんかじゃなくて

自分の人生の主人公になりたい」―不可思議/wonderboy『火の鳥

 

 

 

表現して、熱狂して、感じ取って、また表現できるように。

人生は続く。

 

 

====================

【この記事を書いている人はこんな人】 

 【ヒプノセラピー・キャリアカウンセリング情報】

 【マインドフルネス×ワークショップ情報】 

【サイト案内図】