願いが叶う物語

"本当の自分"を表現したい貴方へ。自由な生き方&ビジネス教えます。

お母さんの眼差し

この連休、大切な友人が家族でウチに泊まりに来た。

お父さんと、お母さんと、1歳8ヶ月の男の子。

僕は、小さい子と、動物と、女の子の可愛さが大好きだ。

その大好きリストに、今日「お母さんの眼差し」が加わった。

 

お母さんは、子供の声にならない声を聞く。

お母さんは、子供のカタチにならない気持ちを捉える。

お母さんは、子供の朧げな想像を見る。

お母さんの眼差しは、子供を満たし、彼らの世界を拡張し、そこに希望を散りばめる。

 

お母さんの、眼差しは偉大だ。

 

ふと、僕は想像してみる。

 

誰もが、「お母さんの眼差し」で世界と向き合うことができたら何が起こるだろう?

 

もしかしたら、争いもなくなって、富めるものも貧しいものも、等しく幸せを感じることができるようになるんじゃないか。

 

それは絶対無理なことなのかな?

 

いや、そんなことはないと思うんだ。

 

現に「お母さんの眼差し」はこの世界中に無数に存在している。

でも、この「お母さんの眼差し」は無意識に沸き起こる分、ふとした逆境に影を潜めしまうことがある。

 

でも、それは今は隠れてしまっているだけ。

 

いつでも僕たちの中にある。

 

お母さんの眼差しを一瞬でも受けた僕たちは、それを知っている。

 

それさえ、想い出すことができれば、そして自分の近くの人へ少しづつ「お母さんの眼差し」を広げることができたら...

 

愛に満ち溢れた世界を願う。

 

僕たちは知っている。

 

僕たちの選択次第で実現できるんだって。

 

僕たちは、僕たち自身に「お母さんの眼差し」を向けることから始めればいい。

 

僕たちは、自分自身の声にならない声を聞こうとする。

僕たちは、自分自身のカタチにならない気持ちを捉えようとする。

僕たちは、自分自身の朧げな想像を見ようとする。

僕たちの眼差しは、自分自身を満たし、自分の世界を拡張し、そこに希望を散りばめる。

 

僕たちは、「お母さんの眼差し」を知っている。

 

そう、いつでも思い出せる。

 

====================

【この記事を書いている人はこんな人】 

 

 【ヒプノセラピー・キャリアカウンセリング情報】

 【マインドフルネス×ワークショップ情報】 

【サイト案内図】