願いが叶う物語

"本当の自分"を表現したい貴方へ。自由な生き方&ビジネス教えます。

【没入】トランス(潜在意識⇄顕在意識)に入るという感覚

f:id:nekopenguin0705:20160202123535j:plain

 

家の玄関を出た時

 

街の雑踏に立ち尽くした時

 

何かしないといけない...そんな妙な焦りを感じる時

 

僕は空を見上げ、太陽を探します。そこには、だいたいいつも「太陽」がいてくれています。

 

そして、その光を感じながら目を閉じると、少しみぞおちのあたりが軽くなるような、そして目元が緩んで、視界が開けるような感覚が広がります。

 

呼吸はゆっくりと、そして深くなり、もしかしたら身体が熱くなったり、あるいは涼しくなったり、、、そんな感じがあることもあるでしょう。

 

そうすると、さっきまであった、息苦しさや緊張が小さくなっていることに気づきます。

 

そうしたら、僕は僕に

 

「なんか、大丈夫かもしれない」

「きっと、大丈夫だ。」

 

と一声かけて、また歩き出す準備を始めます。

 

そして、今感じた感覚を忘れないように、いつも座禅の印を軽く結びます。

f:id:nekopenguin0705:20160202124447j:plain

そして、僕はゆっくりと目を開け、しっかりと地面をつかむ足の裏の感覚を感じながら、また歩き始めます。

 

トランス・・・リラックス?素直?

これが一つの「トランス」状態です。

身体と心がリラックスして、自分の内側の状態を繊細に感じることができる状態。

 

その時、僕たちは皆とても「素直」な状態になっています。

 

例えば、愛しい恋人と向き合っている時のような

 

例えば、はたまた遠い昔母親の手に抱かれていた時のような

 

根拠もなく自分の身を晒すことができる。

 

そんな状態になっています。

 

そこでは、普段、聞き入れることができない言葉がスッと心の中に入ってきます。

 

「私は私でいるだけでいい。」

「私は私を愛している。」

「私は確かに愛されている。」

 

普段受けいれることができない、そんな考えもトランスに入った時には受け入れられることがあるんです。

 

その声が自分の内側から湧いてくるといったほうかもいいかもしれません。

 

トランスは、普段の生活では出会えない"自分"や普段の生活では出会えない"世界"との「出会いの入り口」

 

こんな風に言ってしまうと、トランスはもしかしたらすごく特別な状態なのかな?と思うかもしれません。

 

でも、トランスはとても自然な状態で、誰もが毎日入ったり・出たりしているものです。

 

たとえば、僕が太陽を見上げている時のように。

 

朝起きたてで視界がぼやけている時

無心で歯磨きをしている時

電車の中で外の景色を眺めている時

コピー&ペーストのPC作業をしている時

高速道路で運転をしている時

お風呂に入って壁を見つめている時

寝入る前の心地よさを感じている時

 

僕たちは毎日、トランスに入ったり・出たりしています。その能力を持っています。

 

そして、僕たちがトランスにもっと深く、もっと楽に、もっと自由に入ることができるようになると....

 

僕たちはもっと繊細に自分を捉え、もっと深く繊細に他人とコミュニケーションを行うことができます。

 

それは、僕たちの人生をとても豊かなものにしていきます。

 

僕がやっているカウンセリング・ワークショップ・セラピーも、全て「トランスにいかに深く楽に入るか?」「トランスの中で何をするか?」をつかんでもらうことを目的としています。

 

...少し長くなってしまいましたね。

 

また、じっくり書いていきたいと思います。

 

【下の文をゆっくり読んでみてください。】

「鼻から深く息を吸って...口から深く息を吐いて....胸とお腹に意識を向けて、動きを感じてみましょう....では、あと3回呼吸繰り返してから、その感覚を味わいましょう。」

 

今日はこれまで。

 

==================================

⇩【トランスに入る感覚を味わえるイベント】

 

blog.nekopenguin.com

 

 

====================

【この記事を書いている人はこんな人】 

 

 【ヒプノセラピー・キャリアカウンセリング情報】

 【マインドフルネス×ワークショップ情報】 

【サイト案内図】