読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆好きを仕事に、愛する人を愛しぬく◆幸せなライフスタイルをビジネスにする「あり方・やり方」伝えます。

いつまで悲劇のヒロインやってますか?あなたはどんな世界に生きたいですか?

いつまで悲劇のヒロインやってますか?

f:id:nekopenguin0705:20160327132758j:image 

今日は、くすぶっている人たちに喝を入れてみようかなと。

 

どういうことかというとね・・・

 

人生を変えたい

 

夢をかなえたい

 

幸せになりたい

 

と望みながらも、現実が変わっていかないのはね・・・

 

 

 

悲劇のヒロインごっこ

 

いつまでも、それをやっているからだよ。

 

 

あの人が◯◯してくれないせいで・・・

 

社会が◯◯でないせいで・・・

 

あの過去が◯◯なせいで・・・

 

お金が◯◯なせいで・・・

 

仕事が◯◯なせいで・・・

 

 

せい・・せい・・・せい・・・

 

 

 

僕もはまっていたから、すっごく気持ちはわかる。

だって、現実問題ね。

そうとしか思えないし、実際そうなんだし・・・って。

 

そうやって、「悲劇のヒロイン」な自分を可愛がる時期も必要なんだと思う。

 

でもね、そろそろいいんじゃないかな?

本当は、うすうす気づいてるんじゃないかな?

だから、苦しいんじゃないかな?

 

人生の脚本・演出・主演=わたし

 

いつまで、「悲劇のヒロイン」設定の人生を送りますか?

 

確かに、あなたには「悲劇のヒロイン」にならざるおえなかった。

 

そんな過去があるんだと思う。

 

僕なんかよりも、もっともっと重くショッキングな出来事を経験しているかもしれない。

 

「悲劇のヒロイン」になったのは、あなたがあなたを大切にしたかったから。

 

あなたがあなたを愛そうとしたからこその選択だった。

 

だから、それを責める必要はないよ。

 

むしろ、その時の自分を誇ってもいい。

 

でもね、未来を創りたいなら、もう今がタイミングなんだよ。

 

人生の脚本を書きかえるんだ。

 

あなたが「悲劇のヒロイン」に感謝とともに、別れを告げた瞬間。

 

人生という物語は書きかわる。

 

「悲劇のヒロイン」から「創造の主人公」の人生へ

 

「◯◯がない」から「◯◯がある」の人生へ

 

「△△のせい」から「△△のおかげ」の人生へ

 

「しなければいけない」から「したい」の人生へ

 

 

 

あなたが決めれば、物語は書きかわる。

 

 

脚本・演出・主演はあなただ。

 

 

これまでの人生、あなたが全部設定したんだ。

 

そして、これからの人生、あなたはいつでも設定しなおせる。

 

自分の「決断」をみくびらないでほしい。

 

自分の命の力をみくびらないでほしい。

 

 

全部、自分が創り出してきたんだよ?

 

 

あなたが、心の深い部分で味わいたいものを味わうために。

 

 

もうね、十分味わったんだよね?

だから、苦しいんだよね?

本当は気づいているんだよね?

 

 

本音が求める「新たな脚本」

 

 

それを、今選びとればいい。

 

 

「あなたはどんな世界に生きたいですか?」

 

「あなたはその世界で何をやりたいですか?」

 

 

本音の本気を今選びとってほしい。

 

世界はシンプルだ

f:id:nekopenguin0705:20160326082331j:plain

 

彼女からのライン。

 

辛いこと、苦しいこと、そんなものをひっくるめて、それでも宣言する。

 

自分の人生をシンプルに選びとる。

 

 

 

かっこよすぎやろ!!惚れてまうわ!
もう惚れきってるけれどw)

 

 

 

 

誰がどうとか、過去がどうとか、関係ない。

あなたが決めれば、世界は変わる。

 

 

 

だからね、もう一回いうね。

 

 

いつまで悲劇のヒロインやってますか?

あなたはどんな世界に生きたいですか?

 

 

 

あなたは自由になれる。

 

あなたは幸せになれる。

 

あなたの過去も、現在も、未来も・・・

 

全部ね。

 

 

大丈夫なんだよ。

 

大丈夫でしかないんだよ。

 

 

絶対、大丈夫なんだから

 

 

 

ね!!!