願いが叶う物語

純粋で、透明な、私へ還る。

カウンセラーが教える恋愛のコツ-恋愛版「私のトリセツ」をつくろう!

f:id:nekopenguin0705:20160403164832j:plain

「彼氏が全然わかってくれなくてさ〜・・・」

「彼女が何考えてるのか本当イミわかんないんだよね・・・」

 

男女関係にはつきものの、この話題。

クライアントさんからの相談でも出たりするので、今日はパートナーシップの一つのコツを伝えます。

男性・女性両方に効くからよく読んでね!

 

 恋愛は「西野カナ」に学ぼう

マジふるえるから。

特に、「トリセツ」って曲は学び放題知り放題ね。

一部歌詞を引用!

この度はこんな私を選んでくれてどうもありがとう。 ご使用の前にはこの取り扱い説明書をよく読んで、ずっと正しく扱ってね。

急に不機嫌になることがあります。 理由を聞いても答えないくせに放っとくと怒ります。 いつもごめんね。

定期的に褒めると長持ちします。 爪がキレイとか小さな変化にも気づいてあげましょう。

 

意外と一輪の花にもキュンとします。 何でも無い日の ちょっとしたプレゼントが効果的です。

でも短くても下手でも手紙が一番嬉しいものよ。

 

これを言葉で、彼女から彼氏に伝えているんだよ?

このナチュラルな凄さ・素晴らしさから学ぼうよ!

恋愛は「私のトリセツ」をつくって見せること

「理解してくれない」「イミわからない」状態の原因は結局コミュニケーション不足。

もっというと、 お互いが「私のトリセツ」を見せあってもいなければ、そもそも・・・ つくることもサボっている。

 

男女・パートナーシッップの99%の原因はこれ。

 

人間はiPhoneみたいに見たらなんとなく使える!みたいなデザインじゃないからね。

 

 

というか、僕はiPhoneだってできたらトリセツ欲しい派です。 笑

 

多くのすれ違いになる男女がどんなことやっているかというとね、 イメージとしては、100歳のおじいちゃんにiPhoneをポンと渡して、「さぁ、ラインをインストールし、スタンプをダウンロードして送ってね!」ってお互い指示しあっているレベル。

 

でね、一方が「いや、ん〜どうすれば・・・?」とか聞いた暁には、「言わないでもわかるでしょ?それくらい(ため息)」みたいな。

 

それで、喧嘩になるか、相手の顔色うかがって遠慮し続けるか。

 

不毛すぎる。。。。

 

これね、自分たちは大丈夫?って思っているカップルでも必ずどこかでやっているから、注意して。

それで、どうしたら恋愛でうまく関係を築くのか?

 

その答えは二つだけ。

 

恋愛安定度=トリセツの作成レベル×トリセツ開示レベル

「わたしのトリセツ」を丁寧に作成し、相手に順番に見せていくこと。 これをいかに丁寧に、手抜きせずやるかに尽きる。

 

「トリセツつくったけど、恥ずかしいから見せない〜い♡」

とか

「トリセツとかめんどいんで、目次だけ半分つくりました!これで、なんとなくわかりますよね?!」

 

 

甘えすぎ♡

 

 

手抜きすればするほど、後々ツケを払うのは自分たちだよ?

じゃ、どうすればいいか?って人のために、 「トリセツの作り方」と「トリセツの見せ合い方」をアドバイス。

トリセツの作り方

最低限これだけ用意しておいて。

 

  1. どんな時に嬉しくなるのか?例えば過去のどんな場面?(いつ、どこで、誰と、どのように)
  2. どんな時に悲しくなるか?例えば、過去のどんな場面?(いつ、どこで、誰と、何を、どのように)
  3. どんな時に怒りたくなるか?例えば、過去のどんな場面?(いつ、どこで、誰と、何を、どのように)
  4. これから二人でどんな関係を築きたい?例えば、具体的には?(いつ、どこで、誰と、何を、どのように)

 

 

え〜こんなに伝えるの?って思ったあなた!

 

甘えすぎ♡

 

「言わなくてもわかって欲しい〜」っていう考えでうまくいっているならそれでもOKだけれど、そうではないなら変わってみましょ♫

 

一方で、「そうそう、言わないとわからない!」っていう考えの人・・・ 99%の確率で・・・

 

甘えすぎ♡

 

大概、そうやって居直っている人は「言われてもわかりません」

 

とにかく、上記の4つは「紙に書いてみる」

騙されたと思って一回やってみて!

結構面白いし、意外な発見があるから。

トリセツの見せ合い方

トリセツが出来たところで、みせあわないと意味がない。

そのためにはストレートにこういうといいよ。

 

「ちょっと聞いて欲しいんだけどね。私は(俺は)もっとお互いのこと知りあって、もっと幸せな時間を過ごしたいと思っているんだよね。だから、今日はゆっくり話せないかな?」

 

この一言だけでOK。

この一言って結構大きいよ。

この一言への反応で、この先の関係の真剣度がわかるから。

 

そして、この一言にすら正面から向き合えない相手だったらね・・・これ以上は言わないけれどそういうことー。

 

あとは、「自分の方から」口に出して伝えるなり、紙に書いて見せるなりしてみればいいよ。

 

まずは、ただ聞き合ってみて。

 

ゆっくりでいいし、はじめからうまく伝えられなくても大丈夫。

これ意外と難しいから。

だから、何回も何回もやってみればいいんだよ。

毎週とかね、毎月とかね。

そうやって、トリセツを見せ合うことがね・・・ 付き合っていくってことだと僕は思ってる。

恋愛のトリセツ作りに終わりはない

ちなみに、トリセツに完成はない!

死ぬまで更新され続けるし、死ぬまでページも増え続ける。

地道にやっていこう。

でね、トリセツって面白くて、実は「自分一人では作れない」だよ。

いつも「誰かとの関係」から見えてくる。

とても大切な彼氏・彼女・家族・友人、その人たちと過ごした時間が教えてくれる。

時にはね、「このページみせたくないわ〜」「このページなかったことにして!」って思う時もある。

 

それでもね、1ページ1ページが全部オリジナルコンテンツ。

 

どんなページでも誇っていいと思うんだ。

 

せっかくね、こうやって出会って一緒の時間を過ごすんだから、お互いのトリセツを持ち寄って。

そして、持ち寄ったページとページから、二人だけにしか紡げないページを増やしていけばいいんだと思う。

その振る舞い全部たぶんステキなこと。

 

「彼氏が全然わかってくれなくてさ〜・・・」 「彼女が何考えてるのか本当イミわかんないんだよね・・・」

 

だから、少しづつはじめてみよう。

 

あなたの「トリセツ」気になります!!

f:id:nekopenguin0705:20160403171144j:image

 

ゆるく、ゆるく。

大丈夫。大丈夫。