望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

弱みってどうやって出せばいいの?弱みを出したい人が覚えておくべきたった一つのポイント

弱みを出していきたい

「自分の弱みをだしたい。弱みを出していったほうが楽だし、周りも助けてくれると思う。でも、どうやっていいかわからない。」

 
そんな風に考えたことが僕にはありました。
 
結局、それがわからないまま、無理して、追い込まれて追い込まれて、もうこれ以上無理!って思うタイミングで、少し弱みを出せるようになったり。
 
その繰り返しだったんですよね。
 

 

それはそれで、周囲への感謝が芽生えたり良いこともいっぱいなのですが...
 
 それって結構しんどい。
 
今日は、そんなしんどい思いをしないための「弱みを出す」ポイントをお伝えします。
 

 

ちなみに、このお二方素晴らしい記事からインスピレーションを受けてお届けしています。

弱みを出そうとすればするほど、わからなくなる

これハマりやすい罠なんですけど、意図して「弱いところを出そう!」とするとアタマとカラダが固まっちゃって、停滞してしまうことがあるんです。
 
そんな時は一度立ち返ってみてください。
 
そもそも、弱みを出す目的はなんですか?何を得たいですか?
 
それは、「安心感」だったり「居場所」だったり「連帯」だったり「リラックス」だったりの”感情”なんですよね。
 
 
その感情を得るための手段が「弱みを出す」
 

弱みを出すためのポイント

では、この目的を踏まえて、改めてどうやって弱みを出すか?なんですが、結論から言うと...
 
好きなことを「好き!やりたい!」と言う。
嫌いなことは「嫌い!やりたくない!できない!」と言う。
 
この2つのポイントだけです。
 
ぶっちゃけ多くの人は、自分の弱みを自分で把握できていません。
もっと噛み砕いて言うと、「他者から見えている・感じられている”弱み”」を正確に把握できていないということです。
 
そこを把握できていないにも関わらず、「自分の考える弱み」を吐露したところで、周囲には「なんか違くない?」という違和感が残ります。そこに共感は芽生えません。
 
悲劇のヒロインのように、ただジブンを嘆くみたいなことになっては、意味がない。。
 
だったら、そもそも「弱みかどうか」なんて他者の見方に任せちゃってください。
どうせわからないんだから。
 
自分は「好きは好き!」「嫌いは嫌い!」の表現を徹底していけばいいんです。
 
それが、あなたという人間のグラデーションを明確にすること。
他者から理解と共感を集め、安心できる居場所をつくるコツです。
 

あなたがどんな人間か?それを知りたいだけ。

難しく考えないんでいいんです。
 
弱みだろうが強みだろうが、そんな区分けは置いておいて、「あなたが何を感じて、何を考える、どんな人なのか?」を下手くそでもストレートに表現できたら、あなたを認めてくれる居場所はできるんです。
 
あくまで「弱みをさらけ出す」っていうのは、方法論。
 
目を背けがちなネガティブな側面に意識を向けるための"たとえ話"
 
あなたという人間を丸ごと表現することが大事なんです。
 
だから、あんまり、深く考え込まないで。
 
「好きは好き!」
「嫌いは嫌い!」
 
をただ地道につらぬいていくだけでいいから。
 
ゆっくり。ゆっくり。
大丈夫。大丈夫。