望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

21世紀のビジネスのカタチ〜やり方ではなくて、あり方を届ける〜

f:id:nekopenguin0705:20160503111754j:plain

かみさまコンサルのプロマネとしての仕事をしていると、改めて加美さんのビジネスのカタチの素晴らしさに気づく。

 

世界を新たなレベルに進めるものなんだ。

 

そんな確信を得る。

 

 

そして、もっとこの輪を広げていきたいという想いを強くする。

 

本質を言葉で言おうとすれば、大切な部分が抜け落ちてしまうけれど、あえて言うなら「やり方」ではなく「あり方」を届けるというもの。

 

有限の世界では、他社よりも秀でた情報・やり方・ノウハウを獲得することで、他者を圧倒し多く財を蓄えることに意識が向けられていた。

 

だから、希少な情報・やり方・ノウハウを届けることがビジネスになった。

 

しかし、世界が無限の領域へ進んでいる今。

 

一人一人も「自らが無限で豊かな存在である」ということを思い出したがっている。
そこには、もはや特定の「やり方」などない。

 

なんたって無限なんだから。

 

だからこそ、覚醒して世界を遊び倒している「あり方」を届けることが、唯一無二のビジネスになるのだと思う。

 

加美さんは出し惜しみせずそれを届けてる。
だから、こんなにも多くの人の愛の循環が起こっているんだろう。

 

世の中には、”良さげな”情報・やり方・ノウハウなんて溢れている。
人のサポートをする仕事なら、それなりの言葉を並べることは大概誰でもできる。

 

でも、表現した言葉が、人の心を揺さぶり、覚醒を促すことができるかどうか?
それは、表現者のあり方にかかっている。

 

どれだけ
ありのままの自分
無限の存在である自分
それを受け入れ、信じ、行動し、体感しているか。

 

その経験が、圧倒的なあり方を創る。
加美さんの姿を見ていると
そんなことを思わされる。

 

僕は
僕の表現に

嘘をついてないだろうか?

人生を全うしているだろうか?

 

 

この痺れる問いを胸に
今日も本音とつながり
愛に生きていきたい。

 

大丈夫。

 

大丈夫。