読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆好きを仕事に、愛する人を愛しぬく◆幸せなライフスタイルをビジネスにする「あり方・やり方」伝えます。

お金が「ない」を味わい尽くすと、どんどんお金が「ある」がやってくるよ。

f:id:nekopenguin0705:20160507081346j:plain

みんな大好きお金の話!

 
 
お金は
「交換可能な愛」を
具現化したツールだと思ってます。

 

目に見える形になっていて遊びやすい。

 
 
多くの人と遊べる。
 
 
そんな素晴らしいツール。
 
 
そこで、まだまだまだスケールが小さいながら
お金で遊んで実感した体感をシェアします。
 
 
お金のことで、心かざわつく人の参考になれば^_^
 
 
 
一言で言うと、
 
◆お金が「ない」恐れを味わいきって、開き直ると、なぜかお金が「ある」世界が回りだす。
 
 
本当、これだけw
 
 
ぼくも貯金が数百万の時でも不安だったし、貯金が数万の時も不安だった。
 
月収が7桁付近の時も不安だったし、月収が0の時も不安だった。
 
 じゃ、どれだけお金があれば安心できるんじゃい!ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ƪ(•̃͡ε•̃͡)∫
 
 
って考えたけど、結局答えなんてないんだよね。
 
 
お金が「ない」と思えば、不安になる。
お金が「ある」と思えば、安心する。
 
 
「ない」と「ある」の境界線は?
 
 
...わからん。
 
 
お金がいくらあるとか関係ないんだよね。
 
 
結局、あなたがあなた自身の「存在」を
どれだけ信頼するときめるか。
 
 
ここにかかってる。
 
 
だからね、そのためにオススメなのは、
 
 
お金のことで不安になるなら
そこから無理して逃げずに、
浸りきって浸りきること。
 
 
シンプルに
貯金が0、収入が0
になった時をイメージして。
 
それでも生きていくためには、
どうすればいいか考える。
 
 
方法はいくらでもあるからね。
 
 
それで、手放すものを決める。
見栄?
プライド?
いい子ちゃんな自分?
優秀な自分?
世間からの目?
??
 
 
そうすると
お金が「ない」としても
生きていく確信が持てるから。
 
 
その瞬間「お金がない」の役割終了。
 
 
「お金がない」の役割は、
あなたに「お金がある」の豊かさを
存分に味わってもらうため。
 
 
「ない」恐れを味わわないと、
「ある」豊かさも味わえないんだよね。
  
 
「ない」の設定が
「ある」へひっくり返った時、
不思議と得たい豊かさの分だけ
お金が回りだす。
  
 
ビジネスが順調に行くのもそう
家族伝いで入ってくるのもそう
すごい価値あるものが
無料でもらえるのもそう
 
 
自力だけじゃなく、他力でどんどん入ってくる。
 
 
「ない状態」に中途半端に浸かってるから
いつまでたっても恐れから抜けきれない。
 
 
お金を否定したり
お金を遠ざけたり
お金に執着したり。
 
 
そろそろ、いいんじゃないかな?
 
 
どっぷり恐れに浸かりきって、
残高が減るのにザワザワしきって、
 
「どうしようどうしよう〜
おかねがなくなってしまう〜
ああなりたくない〜
もう嫌〜
でも...もうどうにもならない〜
もう、しょうがない!!( ˊ̱˂˃ˋ̱ )」
 
 ってお手上げして、
 
「どうせなくなるかなら、好きなことに使おう!
心地よいことに使おう!」
って決めた瞬間に
 
 
「お金がある」世界に裏返るんです。
 
 
だからね
今はどれだけ
お金を恐れたり
執着してもいいんだよ。
 
 
どうせ、いつか恐れに浸りきって
「お金がない」世界から
「お金がある」世界へ
変わっていくんだから。
 
 
いまは
ゆっくりと
丁寧に
恐れに向き合って。
 
そして、
日常の
小さな豊かさを
どんどん受け取っていって。
 
 
それだけでいいからね。
 
 
あなたなら大丈夫。
 
 
大丈夫。
 
 
大丈夫。
 
 
〜この記事から豊かさを感じたら、ぜひ「シェア」「いいね」お願いします♫〜
 
 
 
◆無料相談ができるLINE@の登録はこちら◆
f:id:nekopenguin0705:20160506100923p:plain
 
〜本音とつながるLINE@〜
【内容】
・ LINEをつかったメッセージ相談
・ 会員限定のコラム配信
 
【料金】
無料
【登録方法】
1 .「LINEアプリ起動」→「友達追加」→「ID/電話番号検索」
 
→下のLINE IDを入力して追加!
 
「@ivt5704b」
 
 
 
2. QRコード読み込み
f:id:nekopenguin0705:20160507172204j:image
 
「こんなことで相談したい!」
 
「こんなこと記事・コラム書いて欲しい!」
 
などもお気軽にリクエストください♫