望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「自分のこと愛せないんです」っていう時点で、自分のこと愛してるから諦めや

f:id:nekopenguin0705:20160507232527j:plain

自分のことを愛せないんです。


セッションで相談を受けるときに、
ぽつりと出てくる言葉。


もうね。

 


これ最高( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

 

それを言葉にできる時点で
大丈夫だから。


安心してくだされ。

 

 


「自分のこと愛せないんです。」

 


それは、
この言葉を出すことができるくらい、
自分のこと考えてきた証拠。

 

親からの愛情が感じられずに...
アダルトチルドレンで...
昔イジメで...


確かに、それは事実なんだと思う。
それを原因として、いまの状態があると
思っているんだと思う。


その解釈にね、
文句を言うつもりは
ないんだけどね


それだけ、
自分のこと考えていること

 

それ自体が
「自分を愛してる」
ってことなんよ

 

人間
どうでもいいものについて
そんなに深く考えれないよ。

 


「自分を愛する」
別に何かしてあげるだけが
自分を愛することじゃない

どんな瞬間の自分も
ただ見つめてあげる


どれだけ不都合な自分だろうと
ただ見つめてあげる


肯定することからも
否定することからも
離れて


何もせず
見つめてあげればいい


僕らは見られたがっているんだ。
僕ら自身に。


それは、
さながら「お母さん、みてみて〜」
っていう子供のように。


僕ら自身をただ見つめてあげるだけでいい。


どうしようもなく惨めな自分を
変えようともせず
なだめようともせず


ただ、見つめてあげるんだ。


人は眼差しがあれば生きていける
眼差し続けられれば


もっとも自分らしい
ジブンにかえっていく


「自分のこと愛せないんです。」
っていうジブンも見つめろ。


そして、その眼差しがある限り


あなたはあなたを愛している。


あなたはあなたに還っていく。


いまが
どんなに孤独で
どんなに苦しくて
どんなに惨めであろうとも


全て愛と豊かさに還るプロセス


自分を見つめ、自分の声を聞いて。


あなたの眼差しがある限り
あなたはどんな時も大丈夫。


大丈夫。