読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆好きを仕事に、愛する人を愛しぬく◆幸せなライフスタイルをビジネスにする「あり方・やり方」伝えます。

「あなたを愛していることを信じてほしい」 僕らが伝えあいたい本音の本音はこれだけなんだ。

【愛し・愛される】パートナーシップ・家族・恋愛

f:id:nekopenguin0705:20160513121006j:plain

「本当はこうしたい。」
「本当はこうしたくない。」
「本当はああしてほしい。」
「本当はああしてほしくない。」
 

本当は共にこう生きていきたい。
 
 
そういう本音を
丁寧に
地道に
伝え続けていくことが
より良いパートナーシップの本質なんだと思う。

 

そして、
僕は
パートナーシップについて
「彼女」
「母」
から学び続けている。
 
 
彼女たちは僕のあり方の鏡。
 
  
僕が愛から離れる時
彼女たちも愛から離れる。
 
僕が愛に還る時
彼女たちも愛に還る。
 
 
ものすごくシンプルだ。
 
 

そんな彼女たちから得た
学びの中で、今日は特にシェアしたいことがある。
 
 
それは、僕らの分かちあいたい本音の本音のこと。
 
 
そう。
僕らが一番表現したい本音は
 
 
「あなたを愛していることを信じてほしい」
 
 
これなんだと思う。
 

どこにいようが 
何を言おうが
何をしていようが
 

「あなたを愛していること」
 
 
その不変の真実を分かち合いたいと願っているんだ。
 
 
どれだけ価値観が違おうと
どれだけ主張が違おうと
どれだけ意見がぶつかろうと
どれだけお互いの期待がすれ違おうと
 
 
そんなこと関係なしに、
 

「あなたの命を祝福したい」
 
 
僕たちの本音の本音はここにある。
 
 
この自分の本音の本音を
自分自身が受け取れなくなった時
 
この相手の本音の本音を
受け取ってあげれなくなってしまう
 
 
いつも変わらず「愛」はそこにあるのに。
 
 
いつも離れてしまうのは僕ら自身だ。
 
 
でもね
離れたら
また
還っていけばいい
 
 

何度でも何度でも
  
 
「あなたを愛していることを信じてほしい」 
 
 
その本音の本音を表現していけば
あなたはどんどん愛に還っていく
 
 
そして、あなたのその生き様が
相手をどんどん愛に還していく
 
 
まずは、あなたの本音の本音を信じてあげて。
 
 
いつでも愛はここにある。
 

大丈夫。
 
大丈夫。