読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

【気づき】人生という物語を望みのまま生きる方法

生きるとは...

「人生とは○○だ」
という物語を味わうことだ。
 
 
その○○には
誰もが好きな言葉を
入れることができる。
 
「人生は豊かさに味わうプロセスだ」
そう決めれば
どんな出来事からも
豊かさを得ることはできる。
 
 
「人生は愛される体験だ」
そう決めれば
どんな出来事からも
愛を受け取ることはできる。
 
 
「人生は進化の物語だ」
そう決めれば
どんな出来事からも
進化のヒントを得ることができる。
 
お気に召すまま。
 
 
余分なものをそぎ落とし、
要らないものを捨てさり、
自分の深いところにある
安らぎ・ワクワク・心地よさ
 
 
それを常に味わえる物語を創るんだ。
 
 
 
では、自分の望む物語を創り、その中に生きるにはどうすればよいか?
 
大事なポイントは2つ。
 
今日は、僕の体験・体感をシェアします!

 

◆1.自分が望む物語を生きている人に会う◆
過去の僕は
「人生とは粗大ゴミのようなものだ」
「人生とは辛く苦しいものだ」
「人生とは我慢の先にご褒美があるものだ」
そんな物語の中に生きて、疲れてしまっていた。
 
 
そこから、自分の人生を振り返り続け、新たな人や本に出会い続け、試行錯誤を重ね...
 
「人生とは楽しむものだ」
「人生とは豊かさを味わうプロセスだ」
「人生とは自分の望みを叶えて、他人も幸せにするものだ」
「人生とは愛する喜び、愛される喜びを体感するためにあるものだ」
 
 
こんな物語で生きることができたら、心地よい!しあわせだ!という物語を紡ぐことができた。
 
人の存在に触れること。
 
それが何よりも大切だった。
 
その中でも特に、雫石さん、藤井みのりさん、加美さん、白石さん、藤井みのりさんたちの物語には勇気をもらった。
 
そして、今日は秋田由理さんにお会いできて、言葉にならない...震える?感じをもらった。
 
 
本音で生きている人の生き様
それに触れることで
自分の物語を生きる覚悟ができる。 
 
 
だから、まず会いに行くこと。
 
 
今、自分が生きたい物語を
言葉にできないとしたら
なんとなくピンと来る人に
会いに行くこと。 
 
 
それを重ねることで
物語の設定が決まってくる。
 
 
アタマではなくココロで感じて。
  
 
それが、物語を塗り替えるポイント。
 
 
◆2.物語の設定にそって言葉を発し、行動する。◆
 
1に加えて、そこからもらったエネルギーを
「言葉」
「行動」
によって現実化させていくこと。
 
 
「人生は○○だ。」という物語に生きたいなら、まずは「人生とは○○だ。」(その設定にそって)言葉を発し、行動すること。
 
 
旧い物語から
新しい物語へ
ダイブする時は
 
恐れ
不安
罪悪感
 
はつきものだ。
 
なんたって
 
 
今まで
味わったことない世界
なんだから
 
 
多少の怖さがあって当然 
 
 
だからこそ
小さなダイブを
繰り返すんだ。
 
 
怖さを抱きながら
飛んだ先には
あなたの望む物語が待っている
 
 
それを何度も繰り返すことで
いつのまにか
あなたは新しい物語に生きている
 
 
飛んでみて
気づくんだ
 
 
恐れが幻想だったってことに。
 
 
まずは10cmの高さから飛べばいい。
そして、次は20cm、次は30cmってな具合に。
 
 
無理をせずに、毎日飛び続けること。
 
 
 
 それが、物語を塗り替えるポイント。
 
 
◆僕の仕事=新しい物語を渡すこと◆
  
僕自身、新しい物語へ毎日飛び続けてる。
 
 
常に望みを叶える直前は
ザワザワ
ドキドキ
が止まらない。
 
 
それでも飛び続けてるんだ、
 
 
あっちのすごい人たちや、こっちのすごい人たちだってそうだ。
 
 
自分の望む物語へ飛び続けてる。
 
 
怖いのはみんな一緒なんだ。
 
 
望みを叶えたいなら、
飛ぶしかないんだ。
 
 
僕は飛び続けたい。
そして、誰かが飛ぶ姿を
応援したい。
 
 
僕の仕事は、新しい物語を渡すこと。
 
「人生とは楽しむものだ」
「人生とは豊かさを味わうプロセスだ」
「人生とは自分の望みを叶えて、他人も幸せにするものだ」
「人生とは愛する喜び、愛される喜びを体感するためにあるものだ」
 
 
そして
「自分は全てを創造し、味わえる存在だ。」
 
 
こんな物語に触れたい人へ
 
生きる勇気を渡したい。
 
 
そこから、あなた自身の
物語を創っていって欲しい。
 
 
僕は僕の物語は生き続ける。
 
 
あなたとそれを分かち合えたら
こんなに嬉しいことはない。
 
 
あなたが生きたい物語へ。
 
 
あなたのペースで。
 
  
あなたなら大丈夫。
 
 
大丈夫。