願いが叶う物語

純粋で、透明な、私へ還る。

【クライアントさまの声】「止まっていた世界が、「ギギギ…」と音を立てて動き出した。錆び付いていた歯車がかみ合い、回りだした。」

◆我慢せず表現したい!大好きなことを仕事にしたい/20代女性◆

こちらのクライアントさまの声には「気づき、愛、勇気、変化、希望」その全てが詰まっています。この世界観にみなさまをお連れいたします。

 

 

◆叶えたかった望み◆
 
"今の自分の望みを知り、次のステップへ進むためには何をすれば良いかを知ること。"
 
 
私は絵を描くことが好きで、絵を仕事にしたいと思っていたのですが、具体的に何をすれば良いかわかりませんでした。
 
 
次のステップへ進むには何をすべきなのか知ることを望んでいました。
  
 
笠松さんとお話をして…自分の望みや世界観を引き出していただけました。
 
そして、次のステップがわかり、そこへ進む勇気をもらえました!
 
 
進んでいいんだよ、と背中を押してもらった気がします。
 
  
変わることへの恐怖を克服し、一歩踏み出すことができました。
 
 
今まで私は、
 
絵が好きではあるけど…。人に見せるなんて、無理無理!
 
自分の考えはあるけど…。それを多くの人に向けて発信するなんて、無理無理!
 
って、思っていました。
 
人に、
 
下手くそ!
 
とか、
 
何熱くなっちゃってるの?
 
とか、思われるのが怖かったんです。
 
笠松さんのセッションを受けて、理想の未来に向けた一歩を踏み出す勇気をいただいたとは先ほど書きましたが、
 
 
私の場合、その一歩目とは、"自分の世界観を、外に向けて表現すること"。
 
 
まさに今まで、「無理無理!」と拒否していたことだったのです。
  
 
今までなら絶対無理だと思っていたことでしたが、笠松さんと話していて、私の望みを温かく受容し、整理していただいたことで、
  
「無理無理!」が「楽しそう…!」に変わりました。
(セッション中、終始顔がにやけてしまったくらいです…笑)
 
 
セッションが終わった後、思い切って自分の思いを発信してみたら、たくさんの方に共感をしていただけました。
 
 
まるで、それがエールのように感じて、心が温かくなりました。
 
 
と同時に、私を見て勇気付けられたと言ってくれた方々や、影響を受けて絵を始めたと言ってくれた方がいたり。
 
 
世界に愛を放って、愛が返ってきたような感覚です。
 
 
踏み出してよかったです。
 
 
止まっていた世界が、「ギギギ…」と音を立てて動き出した感じがします。
  
錆び付いていた歯車がかみ合い、回りだしたような。
 
そんなイメージです。
 
表現し続けることを続けていきたいと思います。
 
自分の世界観を、愛を、たくさんの人と共有したいです。
 
 
◆気づき◆
自分にとっての心地よさとは何かを考えるということを学びました。
 
 
心地よいことをイメージし、それを具現化していく、ということが、自分の人生を作る上で、大切なことなのですね。
 
 
心地よさとは、自分が大切にしている世界観を実現している状態で、だからこそ、心地よさを追求した生き方をしていきたいと思いました。
 
 
笠松さんが持つ世界観に触れることができてよかったです。
 
 
笠松さんとお話できたことで自分の心の本質に近づけましたし、自分の世界を、まずは一歩、変えることができました。
 

セッション中の笠松さんは、キラキラとしていました。

あのセッションのまとめである用紙は、笠松さんの作品なのだと思います。

それから、言葉も、ブログも。

 

これからも、その作品に触れさせてください。
ありがとうございました!