願いが叶う物語

"本当の自分"を表現したい貴方へ。自由な生き方&ビジネス教えます。

ビジネスが上手くいかないのも、素敵なパートナーがいないのも、「自分を出し惜しみ」しているからだ

〜愛の出し惜しみをやめて、幸せな人生を望むあなたへ〜

 


僕らが
世界を信頼し
僕ら自身の存在を
そのまま放った時
 
 
この世界は
応えてくれる 
 

僕らの
内側から
湧き上がった想いが
現実に結晶化する
  
 
逆に
想いが
現実に
なっていないのは
 
 
僕らが
僕ら自身の存在を
世界に放っていないからだ
 
 
出し惜しみしているからだ。
 
 
出し惜しみが
なぜ起こるのか?
 
 
それは

「未消化な人間関係を残しているから」
 
 
多くの人の
望みを叶えるサポートを
してきた経験から
  
 
僕が感じたことだ。
 
 
「言えなかった言葉」
「できなかった行動」
 
 
それが
ココロの奥深く
あなたの中のしこりとなって
 
 
あなたの愛を
せき止めてしまって
いるんだ
 
 
「こんなこと望んではいけないんじゃないか?」
「こんなことしたら人に迷惑をかけるんじゃないか?」
「こんなことしたら馬鹿にされるんじゃないか?」
「自分はダメな人間なんじゃないだろうか?」
 
 
あなたが
置き忘れてきた
しこりが

 
あなたの命の輝きを
にごらせる
 
 
ビジネスでも
人間関係でも
 
 
自分の中にある
愛を純粋に放てば放つほど
 
 
望んだものが手に入るんだ。
 
 
自分で自分を
裁かずに
 
 
ただ
すでにある
愛を
そのまま放っていけばいいんだ
 
 
あなたは 
もう
気づいているんじゃないかな?
 
 
【あの人】に言えなかった【あのコトバ】
【あの人】にできなかった【あのこと】
 
 
そう
それを
自分の中に
迎え入れてあげればいい
 
 
それに許可を
出してあげればいい
  
 
【あのコトバ】
【あのこと】
こそ
あなたの中にある愛
なんだ
 
 
「愛し、愛されたい」
「世界と幸せを分かち合いたい」
 
 
そんな純粋な想いなんだ
 
 
あなた自身を
見捨てるなよ
 
 
あなた自身を
押しとどめるなよ
 
 
湧き上がる
愛をとらえろよ
 
 
その重い
しこりをどかしてやれよ
 
 
そろそろ
出し惜しみに飽きたでしょ?
 
 
これまで
抱えてきた葛藤
傷つけ、傷つけられた辛さ
望みが見えない絶望
 
 
それも全部
ひきつれて


その裏側にあった
愛をまなざす時だ
 
 
その愛を
放っていく時だ
 
 
あなたが決めれば
世界は応える 
 

僕はあなたと愛に生きたい。

 
僕らなら大丈夫。
 
 
大丈夫。