願いが叶う物語

"本当の自分"を表現したい貴方へ。自由な生き方&ビジネス教えます。

「人間関係」を手放すタイミングとは?

〜あらゆる「人間関係」は、自分の成長のためにやってくる〜

 

パートナー
父親
母親
友人
上司
部下
同僚
お客さん
ご近所さん
・・・
 
僕らの生活には、たくさんの「人間関係」がある。
 
 
その中で、楽しみ、喜び、感動を味わうこともあれば
 
 
葛藤、憎しみ、悲しみ、孤独を味わうこともある。 
 
 
「人間関係」こそ、人生というテーマパークの一番の醍醐味なんだと思う。
 
 
でね、タイトルの件。 
 
「家族とは仲良くすべきなんでしょうか?」
  
 
「パートナーとは仲良くすべきなんでしょうか?」
 
 
「居心地の悪いお客さんとも付き合っていくべきなんでしょうか?
  
 
コンサルをしている中でも、このあたりは人気のテーマ。
 
 
正直、「べき」ってのはないのよ。
 
 
全て、自分が決めた道が正解だし、自分と向き合うプロセスにこそ意味がある。


僕も、最近10年以上執着していたある人間関係を【手放した】


罪悪感、恐れと向き合って、それに負け続けて、ずっと握りしめてたもの。


でもね、手放すタイミングが来たんだ。


自分をもっともっと愛し抜く。


もっともっと命を輝かせる。


そんな、また深い決断ができたんだ。


そしたら、やっぱり現実が圧倒的に豊かになっていってる。


お客さんの成果が段違いに出るようになり、事業も軽々と伸びていってる。


月8桁の売上も射程圏内に入っていることを感じる。


こうやって、現実は見せてくれる。世界は微笑んでくれる。


この大きな【手放し】は、僕にまた一つ確信を与えてくれた。


そこで、今日は「人間関係」を読みとく上での知恵をシェア!!
 

大原則は、「自分の心地よさ」ね!
 

===============
◆「人間関係」を手放すタイミングは?
〜エネルギーバランスを整えるために〜

下記をチェックしていってね!!
 
相手と、ともに人生を過ごしていきたいか?

【→YESの場合】
「伝えていない本音はないか?」と自分に問いかける。


「本当はこうしていきたい!」「本当はこうしてほしい!」という想い。


それを相手に伝え、また相手からも聞く。
そして、徹底的に分かち合う。


(それでも関係が「居心地が悪い」・正常化しない場合)
 
「この人間関係から、自分は”学ぶきこと”を学びきったか?」と自分へ問いかける。


★ここを深く深くやるのがポイント。
 

そして、「学び切った」と言えるなら、その関係を手放せばいい。
 
 
「まだ学ぶことあるのかも?」と思うなら、そこを抜けるまでやりあえばいい。
 
 
どちらにしても、あなたにとって最善だ。 
 
 
【→NO orどっちつかずの場合】
シンプルにその人間関係を手放しましょう!って話し。


具体的には


自分の「心地悪さが消える」距離まで、物理的にも距離を離す。


あるいは、そもそも関係を断ち切る。


もし押し殺している本音があるなら、最後に伝えてもいい。
==============
 
 
全ての「人間関係」は、あなたが「あなたの人生を生きる」ための道しるべとなってくれる。
  
 
あなたが学ぶべきことを学び、命を輝かせるための布石なんだ。
 
 
周りの人は、あなたの「学び」において
【最高の】「役割」を果たしてくれている。
 
 
あなたからみたら、あの人は悪役かもしれないけどねww
  
 
全部、あなたにために用意されているんだ。
 
 
それを存分に味わい切ったか?
 
 
学びに昇華できたか? 
 
 
あなたは、そこにフォーカスすればいい。
 
 
人間関係を手放すも、手放さないのも、あなたの思うまま。
 
 
大丈夫。
 
  
最善のタイミングがやってくるから。 
 
 
あなたの人生は、あなたが主人公だ。
 
 
だから


僕らなら大丈夫。
 
 
大丈夫。