望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「わたしだけは、この手を離さないから」

みんなね


もっと自分を許していいよ。


甘やかしていいよ。

 


大切な人を大切にできなくても


自分の本音をうまく伝えられなくても


誰かの期待に応えられなくても


誰かを自分勝手に傷つけてしまっても


自分の望みを見失って
悲劇のヒロインぶってしまっても


弱い自分を認められなくて
自分に嘘をついてしまっても


惨めな自分を受け入れられなくて
他人に嘘をついてしまっても


自分を生きると決めたのに
逆境にすぐ諦めてしまっても


怖いことから逃げ続け
ちっぽけなプライドにしがみついてしまっても


人生が思い通りにならなくて
誰かのせいにして呪ってしまっても


愛して欲しいと願うのに
それを、うまく伝えられなくても


愛したいと願うのに
それを、うまく伝えられなくても


そして


こんなダメダメな自分は
価値がないと思っていても


それでもいいよ。


それでも大丈夫だよ。


自分を許していいよ。


もっと甘やかしていいよ。


僕なんて半年前とか


ニート状態で


キャリアのプランなんて


見えなくて


一方で


貯金は目に見えて減っていって


大の大人が


彼女にしたいことも


してあげれずに


毎日

やるべきこともわからず


あてもなく街の中を彷徨って


そんな現実への不安も


受け止めきれず


なぜか小説書いてみたりしてね


でね


書いたはいいけどね


あり得ないくらいつまらない作品でwww


そんな自分でも


諦めきれず


なんとか今まで進んできたんだからさ


ニートからでもできるのよw


そう。


あなたの人生は


他の誰にも許してもらわなくてもいいんだよ


あなたの人生は


あなたが全部許してあげればいいよ


「わたしだけは、この手を離さないから」


あなたの魂は、あなたのその一言だけ望んでる。


「どんな時も、わたしのこの手を掴んでいてね。」


「どんな辛い状況でも、わたしが未来へ導いていくからね。」


そう、自分に伝えてあげて。


ひとときの、安らぎを与えてあげて。


そう。


僕らの命は「安らぎ」の中でこそ輝くんだ。


安らぎが満ちた「静寂」


そこで感じる「温かさ」


それこそ


僕らがね


世界から愛されてる証拠だから


あなたは、あなたを許して欲しい。


そして


どうか、この一言を伝えてあげて


「わたしだけは、この手を離さないから」


いつでも忘れないでいてね。


僕らなら大丈夫。


大丈夫。