読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

あなたが望みを叶えれないのは「絶望が足りない」からだ

たまには、こういうのも必要だな!ということで、今日はピリっと辛めで。

 多くの人のコンサルをしていると

 
  
「望みを叶える人」と「望みを叶えれない人」の違いがわかってくる。
 
 
その最も大きな違いの一つが
 
 
今までの自分の人生にはなかった
”新たな”「成功する世界観」を
 
 
【鵜呑みにできるかどうか】
 

これだ。


ここを外すとどうしようもないのよ
 
 
僕のコンサルに限らず
 
 
誰かの力を借りるってことは
 
 
これまでの自分では望みが叶えれなかったからだよね?
 
 
「やり方」がわからなかったり
 
 
「考え方」がわからなかったり
 
 
「現実の読み解き方」がわからなかったり
 
 
自分が「わからない」からだよね?
 
 
それにもかかわらず、
 
 
質問して、提案されたアドバイスに対して
 
 
「でも・・・◯◯じゃないですか?」
 
 
とか
 
 
「でも・・・◯◯だと思うんです」
 
 
とか
 
 
持論を展開し始めるとかね。
 
 
人生なめくさってるよね。
 
 
相手の人生もそうだけれど
 
 
自分の人生を。
 
 
自分の命の可能性を。

 
 
これまでの狭い自分の世界の中で判断しようとする
 
 
プライドか自尊心かエゴか知らないけれど
 
 
「望みを叶える」ことよりも、そっちを優先している。
 
 
もうね、甘えてんのよ。
 
 
あ、別に責めている訳ではないのでね!
  
 
つまり、甘えるほど「余裕」があるってことね。
 
 
「変わりたいんです!」
 
 
「絶対、成功したいんです!」
 
 
「もう、こんな人生嫌なんです!」
 
 
とか表面上、言ってても、「余裕」が透けて見えちゃうのね。
 
 
僕も以前は
そういう人に対面したとき
 
 
「自分がどうにかしてあげないと!」
 
 
とかしていたんだけど。 

 
それも、今となっては大きなお世話なんだなぁと思う。
  
 
人はそれほど弱くないし、力がない訳ない。
 
 
変わりたい!と本気で望めば変わるし、そうでなければ変わらない。
 
 
誰もが、選択できる力を持っている。
 
 
誰もが、人生を創造できる力を持ってる。
 
 
だから、”新しい”「成功する世界観」を鵜呑みにできない人は・・・
 
 
まだまだ「余裕」を持って生きていけるのよ。
 
 
まだまだ「絶望」を味わっていないのよ。
 
 
いまは、それを選んでいるんだ。
 
 
それも時に必要なことだから。
 
 
まぁ、僕もこんな偉そうに言ってて、散々やってきたww
 
 
「望みが叶えられない」って人はね
 
 
もっともっと「絶望」すればいいよ
 
 
これまで、”不本意に叶えてきた”「望」みを「絶」つ!と決断できるまで・・・
  
 
もっともっと安心して絶望すればいいよ。
 
 
その余裕があなたにはあるから。
  
 
そして、最善のタイミングであなたは変われるから。
 
 
“本音の”望みを叶えることができるから。
 
 
そのタイミングがきたら、ぜひ一緒に命を尽くそう。


その時を楽しみに^ ^
 
 
僕らなら大丈夫。
 
 
大丈夫。