読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆好きを仕事に、愛する人を愛しぬく◆幸せなライフスタイルをビジネスにする「あり方・やり方」伝えます。

「怒り」は、本音を世界に放てていないサインだ。

【愛し・愛される】パートナーシップ・家族・恋愛

今、僕らは
大きな時代の転換期にいる。

 


 
 
その一つの大きなテーマが
 
 
【「怒り」によって、自分を取り戻す】
 
 
これだと思う。
 
 
外側の基準・正解を追い求めてきた人生から
 
 
魂の喜びを求める人生へ
  
 
大きく舵をきっていきたい
 
 
僕らの心の深いところから
 
 
その衝動がこみ上げてきているんだ
 
 
そこにあるのが、自分の「本音」
 
 
僕らの魂は

「本音」を掴み取り
 
 
「愛」ど真ん中で生きることを望んでいる
 
 
でね
 
 
「怒り」とは
 
 
「本音」で生きることができているか?
 
 
それを表すバロメーターだ
  
 
「本音」をつかんで、世界に100%放てていれば「怒り」なんて湧くわけがない
 
 
「怒り」が湧くってことはね
 
 
自分が「本音」をとめている証拠だ
 
 
「怒り」の扱い方は
 
 
パートナーシップでも
 
 
家族関係でも
 
 
会社関係でも
 
 
ビジネスでの関係でも
 
 
全て一緒。
 
 
自分の「本音」を蔑ろにしているから
 
 
それを「怒り」は知らせてくれる
 
 
もっと丁寧にいえば
 
 
「怒り」が湧くような「出来事」を世界が起こしてくれる
 
 
ちなみにね、「怒り」を感じたら・・・
 
 
怒るべきは、「世界」じゃない。
 
 
「相手」でもない。
 
 
「自分」に対してだ。
 
 
自分の「本音」を大事にできていなかった、「自分自身」に怒るんだ
 
 
自分の「愛」から離れた、「自分自身」に怒るんだ
 
 
相手とか世界に怒っても、ただのガス抜きにしかならないからね
 
 
「自分は無力だ」と、自分に言い続けていることにしかならないからね
 
 
みんな「怒り」を、見て見ぬ振りするから
 
 
遠ざけようとするから
 
 
簡単に「怒り」に呑まれて自分を見失う
  
 
そして、「本音」をつかみとることなく 
 
 
ただ、世界を憎むだけ。
 
 
ただ、相手を憎むだけ。
 
 
このしょうもない連鎖をやめるのさ
 
 
ちゃんと「怒り」を抱きしめて
 
 
生きる羅針盤にしてくのさ
 
 
本気で「怒り」きった先には
 
 
「憎しみ」なんてうまれようがないんだから
 
 
「怒り」の奥には、
 
 
「僕らは、もっと命を輝かせられる」  
 
 
「僕らは、もっと偉大な存在だ」
 
 
っていう愛のメッセージしかないからね。
 
 
だから
 
 
「怒り」が湧いたら、それをしっかり感じよう
  
 
そして、こう自分に問うてみよう
  
  
「本当は、どうしたい?」 
 
 
「本当は、何を伝えたい?」
 
 
「本当は、何をわかってほしい?」
  
 
あなたが、その答えに気づくために・・・
 
 
「怒り」は訪れたのだから。
 
 
どんな時も、湧き上がってくる感情を大切に。
 
 
その奥にある本音を愛して。
 
 
そう 
 
 
あなたを、世界に放てばいい。
 
 
もっと、すごい自分に出会いにいけばいい。
 
 
どんな時も
 
  
命の歩みをとめるなよ。
 
 
僕らなら大丈夫。
 
 
大丈夫。