願いが叶う物語

純粋で、透明な、自然【Natural Being】へ還る。

愛してるけど、大嫌い。

「ありのままを愛しましょう。」

「すべてを許しましょう。」


そりゃ素敵で綺麗な言葉。


ただね

 


それに縛られて


勝手に苦しくなってない?


勝手に自分の可能性せばめてない?


本音の想いを放ててないんじゃない?


いやいや


ちょっと待てよ、と。


「私たちは一つだ」


「私たちは愛そのものだ。」


とか、そんなん当たり前として...


そこから、一人一人が


「本当に、本当はどう生きたい?」


「本当に、本当は何を言いたい?」


その問いに真っ向勝負でぶつかって


世界に生き様残してくのが


僕は生きている意味だと思うんだ。


そりゃ


自分の想いに素直に


生き方貫こうとすれば


【好き嫌い】なんて出て当たり前。


【イケてるダサい】なんて出て当たり前。


【気持ち良い気持ち悪い】なんて出て当たり前。


僕なんて


めっちゃ好き嫌いあるからねw


◆自分が変わらない言い訳を、誰かや何かのせいにしてみたり...


◆生き様で体現できてないのに、悟ったふりして薄っぺらい言葉はいてみたり...


◆怖いことを見るのを避けるために、上辺の感謝&感謝に逃げてみたり...


そういうの本当にダサいと思うし、大嫌い。


それが、自分の中にあれば、徹底的に排除するし


それが、他人の中にあれば、ダサいなーって、本人が気づくまでヌーっと見つめてる。


【自分を愛してる】


から始めれば、


もっと自分を好きになりたい。


もっと自分の好きな部分を伸ばしたい。


もっと自分の嫌いな部分を排除したい。


そんな想いが湧くのは当たり前。


その想いを叶えてあげずして、


【ありのままを愛しましょう】


とか


【すべてを許しましょう】


とか、言葉面にとらわれて


自分の想いをとめるなよ。

 

僕らは、【もっと素晴らしい自分】に出会いたいんだ。


僕らは、もっと命を輝かせたいんだ。

 

もっと、好きになっていい。


もっと、嫌いになっていい。


そこにあるのが、あなたの【美学】


本音から逃げるなよ。


◆愛してるけど、大嫌い。


僕らなら大丈夫。


大丈夫。