読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

オリジナルの商品を創って・世界に放つステップ

最近、お客さんの中でも、オリジナルの商品でビジネスを始めたい!って人が増えてきた。

 


 
 
「稼ぎたい!」「ビジネス」がしたい!という欲求はね
 
 
自分が満たされてきている一つのサイン。
 
 
僕らは、自分が満たされたら、人に与えたくなる生き物なんだ。
 
 
「稼ぎたい」って思える自分に出会えたら、そんな自分を誇ってあげて。
 
 
でね、オリジナルの商品を創る上で、ここは絶対やっておいてね!
 
 
っていう【基礎の基礎】があるからね。
 
 
ここは、絶対チェックしてほしいから、今日はぎゅぎゅっと教えます。
 

テーマは・・・
 
==============
◆事業は「物語」だ。
==============
 
あなたの「商品」は、「ヒロイン」を、「ラスボス」に打ち克って「ハッピーエンド」まで導くことだ。 
 
そして、物語には3つ大切な要素があるからね。 
 
 
<1.ヒロイン>
物語には、幸せにする「ヒロイン」が必要だ。
 
未来への希望を持っているけれど、自分だけじゃ進んでいけないヒロイン。 
 
それこそ、あなたが導く「お客さん」だ。
 
 
【問い】
・あなたの事業の「ヒロイン」は誰?たった一人を描いてみて(過去の自分、家族、恋人、友人・・・など)
・ヒロインは、どんなライフスタイルを送ってる?(衣食住、仕事、人間関係)
そこで、どんな感情を味わってる?
 
 
<2.ハッピーエンド>
物語には、スタンディングオベーションが巻き起こる
「ハッピーエンド」が必要だ。
ヒロインが、幾多の試練を乗り越えて、辿り着いた「幸せな人生」
それがあって物語が完結する。
 
それこそ、あなたが「お客さん」を導いていく「ビジョン」だ。
 
あなたの事業が、お客さんに提供できる価値だ。
 
【問い】
・あなたの事業の「ハッピーエンド」は何?
・「ハッピーエンド」でヒロインはどんなライフスタイルを送ってる?(衣食住、仕事、人間関係)
そこで、どんな感情を味わってる? 
 
 
<3.ラスボス>
物語には、「ハッピーエンド」にたどり着くために、「ラスボス」が現れる。
 
お客さんが
 
克服すべき「テーマ」
解消していく「葛藤」
勇気ある「行動」
乗り越えていく「障害」 
 
そういったもの。
 
 
このラスボスを一緒に、超えていってあげることが、あなたの役目だ。
 
【問い】
・あなたの事業の「ラスボス」は何?
・「ラスボス」に打ち克つためには、何が必要なんだろう? 

================
 
この物語が、あなたの中で鮮明にイメージできていればいるほど、
 
 
あなたの商品は、見る人の心を震わせて、黙っていたってひろがっていく。
 
 
これまでの人生で、あなたの紡いできた【物語】を愛せば愛すほど、
 
 
お客さんに渡せるものがどんどん増えていく。
 
 
あなたにしか、導けない人がいる。
 
 
あなたしか、渡せない【愛】がある。
 
 
============== 
 
あなたが導きたい【ヒロイン】は誰ですか?
 
 
倒すべき【ラスボス】は何ですか?
 
 
【ヒロイン】に見せてあげたい【ハッピーエンド】は何ですか?
 
 
ぜひ、振り返ってみてね。
 
 
僕らなら大丈夫。
 
 
大丈夫。