願いが叶う物語

純粋で、透明な、私へ還る。

自分を導き、望みを叶えるプロセス〜コンサルをうまく活用するポイント〜

今日は

・これからコンサルを受けようと思っている人

・既にコンサルを受けている人

に向けて、最低限押さえておいて欲しい、エッセンスを伝えるね。

 


【自分を導き、望みを叶えるプロセス】
 
【1】現実&望みを宣言する
<イメージ>
「いま、こうなっているけれど・・・本当はこうしたい!こうなっていたい!」
 

【2】自分の考え・意志を表明する
「その上で、自分は◯◯が必要だと思う。△△したいと思う」
 
 
【3】質問する・確認する
<質問イメージ>
「こうしたいと思うんだけど、◯◯がわからない。どう考えればいい?どう行動すればいい?」

<確認イメージ>
「こうしたいと思うんだけど、大丈夫かな?OKかな?足りないことないかな?」

※質問が浮かばなければ、「浮かばないけど、どうにかしたい!」と分かち合う。
 
 
【4】質問・確認でもらった「フィードバック」を踏まえて自分で決断し、【行動】する


☆☆内面世界を、現実化させるためのキーが「行動」 自分の「あり方」は、現実を観察することでみえてくる。☆☆
 

自分が行動した結果、起こった現実に目を凝らす。


そこで、何を感じたか?自分を丁寧に観察する。


(→【1】へ続く) 

行動してみた結果、現実がどう変化したのか?それを共有する。


その上で、改めて望みを自分に問うて、宣言する。

「いま、こうなっているけれど・・・本当はこうしたい!こうなっていたい!」
 

【1】〜【4】の繰り返しこそ、「自分を導き、望みを叶えるプロセス」


常に、自分が1〜4のプロセスを回すことができているか?


どこで詰まってるのか?


どこがわからないのか?


それを観察してみて。


どんな状況でも


いま向き合うべき課題は、ただ一つ。


そこから、目を背け続ければ、現実は滞る。


逆に


そこから逃げなければ、必ず現実は拓けていく。


そのことは、絶対忘れないでいて。


僕らなら、大丈夫。


大丈夫。