読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

永遠に、共に、あるべき場所へ。僕らは輝く。

f:id:nekopenguin0705:20161110025112j:plain

今日は、エンゲージリングのオーダーへ行ってきた^^

   
というのも
 
 
彼女のゆいには、プロポーズの時
 
 
リングではなく、ダイヤそのものを送ったんだ。
 
 
エンゲージリングは
 
 
一生ものだから
 
 
二人でつくって
 
 
二人の想いを込めたかったんだ。
 
 
————
かがやくダイヤ、きらめく笑顔
————
 
訪れたサロンの中
 
 
そこには
 
 
目がくらまんばかりの
 
   
ありとあらゆる種類の
 
 
リングのサンプル
 
 
目に入ってくるのは
 
 
あふれる【光】
 
 
その
 
 
ダイヤの輝きが
  
 
とても美しい
 
 
その光景は
  
 
やっぱり
 
  
とても豊かだなぁと
 
 
自然と口元がほころんでくる
 
 
ふと 
 
 
隣にいる彼女に目をやると
  
 
僕と同じ気分でいてくれたのか
 
 
同じように微笑んでいて 
  
 
この瞬間も
 
 
とても豊かだなぁと
 
 
嬉しくなる。
 
 
————
本来あるべき場所でこそ「かがやく」
————
 
 
彼女は
 
  
サンプルの指輪を
 
  
手にとっては外し
 
 
その感触を確かめる
 
 
彼女の指に次々とはまる
 
 
リングを見て
 
 
僕は、そこに
 
 
あるべき「光景」を
 
 
思い浮かべる
   
 
僕は思うんだ。
 
 
全ての物事・人々は
  
 
「本来あるべき場所」
 
 
へ収まった時
 
 
そう
 
 
自分の本来の「居場所」を
 
 
思い出した時
 
 
もっとも輝くのだと。
 
 
だから
 
 
僕は
 
 
彼女の指が
 
 
「居場所」となる
 
 
リングはどれなのか?
 
  
それを、眼差し続ける
 
 
はめては
 
  
見つめ
 
  
確かめて
 
  
一息入れて
 
  
また外す
 
 
その所作を
 
 
彼女は繰り返す
 
 
この光景もまた
 
 
とてもとても「美しい」と僕は思う
  
 
そして
 
 
彼女が、この所作を
 
  
数十回繰り返した先に
 
 
「やっぱり、これだよね」
 
 
二人が、自然とそう思う
 
 
あるべき【光景】が見つかった
  
 
僕らはね
 
 
「本来あるべき光景」に出会った時
 
 
「本来いるべき場所」に還った時
 
  
「安らぎ」に包まれる
 
 
ふっと空気が軽くなる 
 
 
胸があたたかく高揚する
 
 
懐かしいような
 
  
それでいて
 
 
はじめての感覚
 
 
もし、それを言葉にするのなら…
 
 
————
はじめての【再会】 
————
  
 
この瞬間は
 
 
やっぱり豊かだなぁと思うんだ。
 
 
これこそ生きる醍醐味だ。
 
 
それくらいのもんに思える。
 
 
今日もまた
  
 
この豊かさを
 

彼女とともに分かち合えたこと
 
 
たまらなく嬉しく思う。
 
 
そうだ。
 
  
オーダーした
 
 
リングのベースは
 
 
【エタニティ】
 
 
「永遠」を意味するこのリング 
 
 
『やっぱりこれだよね』
 
 
加えて
 
 
刻印やシークレットストーンなどをしつらえて
 
 
リングが出来上がるのは12月
 
    
二人で選んだリングが
 
  
彼女の指にはまる、その【光景】
 
 
今から、とても待ち遠しい。
 
 
◆永遠に、共に、あるべき場所へ。僕らは輝く。◆
 
 
僕らなら、大丈夫。
 
 
大丈夫。