読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

人にして欲しいと願うこと。まず自分が自分にしてあげて。

「褒めて欲しい」「認めて欲しい」

僕らが当たり前のように持ってる、その願い

 


ただね、時に、それにのみこまれ


僕らは余分な、いさかい起こしてしまう


人に「褒めてよ!認めてよ!」とか押し迫ったり


それすら言えないと


「もっと頑張れよ!やれよ!(こんだけ私はやってるんだから)」


とかね。


僕も気をぬくと、彼女にそんなスタンスになっていることもw


でね、こうやって


人に願いすぎる時


何がおきてるかっていうと


「自分が自分を褒めてない。認めてない。」


僕らはね


他の誰でもなく、まずは


自分自身にわかってほしいんだ。


自分自身に寄り添ってほしいんだ。


世界の誰からも見放されようとも


「私だけは手を離さない」


そう自分自身に言って欲しいんだ


そこをすっとばして


いきなり、他人に求めてしまうから


こじれた現実つくってしまう


だからね


人が自分の思い通りにならなかったり


それでイライラしたことに気づいたら


まずは


自分をいっぱい褒めてあげて


今日この日まで


自分を連れて来た【自分】を


誇ってあげて


それは、あなたにしか、できなかったことだから


そのことは


いつも、忘れないでいて。


◆人にして欲しいと願うこと。まず自分が自分にしてあげて。


僕らなら大丈夫。


大丈夫。