望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「弱さ」も、あなたの【美しさ】

「寂しくて、たまらない。」
「明日が見えずに、不安だ。」
「息苦しい。」

誰だって、自分の内側から、そんな声が聞こえてくる時がある。

そんな時はね


【じっと自分の声を聞いてあげて】


僕だって、たまにはそういうこともある。


幸せな毎日が続けば続くほど、


「この幸せは、いつか終わってしまうのでは?」


お客さんが集い、稼げば稼ぐほど


「いつか稼げなくなってしまうのでは?」


豊かさは【無限】だと、わかってはいれども、そんな恐れを感じることはある。


そんな時はね...


ただ、ただ


【自分の声を聞いてあげる】こと


僕らは、いつも頑張って


しっかり前向いて


必死で進んでいるからね


その中で、置き忘れてきた【本音】があるんだ


強くあろうと


一人で越えようと


するがあまり


自分の感じている不安、恐怖、さみしさ


それらを


僕らは、見て見ぬ振りしてしまう


でもね、その全部、僕ら自身。


置き忘れたところまで


ちゃんと迎えにいってあげようか。


「寂しくて、たまらない。」
「明日が見えずに、不安だ。」
「息苦しい。」


そんな声が、自分の中から聞こえたら


何もせずに


ただ、そこに寄り添って。


自分の胸の中、じっと感じてあげてみて。


その声を、迎え入れてあげた時


ふっと、軽くなる瞬間がある。


「大丈夫だよ。」


そう、自分に言ってあげたくなる瞬間がある。


あなたの【強さ】も


あなたの【弱さ】も


あわせて


あなたの【美しさ】


僕はそう思うんだ。


-----
「弱さ」も、あなたの【美しさ】
-----


僕らなら、大丈夫。


大丈夫。