読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆好きを仕事に、愛する人を愛しぬく◆幸せなライフスタイルをビジネスにする「あり方・やり方」伝えます。

嫉妬は、もっと自分を輝かせたいという本音だよ

【きほん】自分を愛する・ととのえる・望みを叶える

◆嫉妬は、もっと自分を輝かせたいという本音だよ

 

「なんで、あの人ばっかり...」

 

「あの人、そんなに言うほど?」

  

そうやって、誰だって【嫉妬】してしまう時がある

 

 

そして、時に【嫉妬】してしまっている、自分を責めたりもしてしまう

 

そんな時は、もっと奥にある「本音」を見てみてね

  

  

僕らの【嫉妬】の奥にあるのは

 

 

「もっと自分を輝かせたい」という想い

 

 

僕らはね

 

 

既に、自分の中にあるものしか

  

 

【見る】ことはできないんだ

 

 

もし、あなたの周りにね

 

 

「すごい!」と思う人がいるのなら

 

 

そこに【光】を見るのなら

 

 

それは、あなたの中にある【光】

 

 

あなたの中でスタンバイしてる

 

 

いまか、いまかと芽吹こうとしている【才能】

 

 

放たれたがっている【表現】

 

 

【嫉妬】はね、それを教えてくれるサインだ。

 

 

僕らはね

 

 

どれだけ精神性を高めても

 

 

どれだけ悟ったふりしたって

 

 

この身体をもつ以上

  

 

人と比較もしてしまう

 

 

恐れを抱くこともある

 

 

でもね、いつだって

 

 

その奥にある【愛】を

 

 

眼差し続ければ

 

 

自分の【安らぎ】に還れるから

 

 

世界はいつも優しいサインをくれている

 

 

それを信じて、進んでこう。

 

-----

◆嫉妬は、もっと自分を輝かせたいという本音だよ

-----

 

僕らなら大丈夫。

 

 

大丈夫。