読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

【集客】とは「この指とまれ」をすることだ

ビジネスについてはね、この一言に尽きるんだ。
 
個人でも、法人でも、その本質は同じところにあるからね

 

「この○○を一緒にしようよ!
本当すごいんだよ!
わたしが大好きなことだからね!
これやらないと、損だよ!」
 
 
このくらいの想いをもって
 
 
あなたが、楽しんでいる姿を見せ続け
 
 
あなたが、発信し続ければね
 
 
勝手に人は集まってくる
 
 
勝手にビジネスは広がっていってしまうんだ。
 
 
○○にはね
 
 
あなたが好きなことならば
 
 
何をいれてもいいからね
 
 
あのiPhoneだって
 
 
スティーブジョブスという
 
 
一人の人間の
 
 
湧き上がる熱狂から
 
 
世界各地まで広がった
 
 
「この○○を一緒にしようよ!
本当すごいんだよ!
わたしが大好きなことだからね!
これやらないと、損だよ!」
 
 
まずはね
 
 
あなたが、心底惚れ込めるものを
 
 
商品として「○○」に入れていけばいい
 
 
そして


あなたが、あなたの商品の
 
 
一番最初のファンになることだ
  
 
たとえばね
 
 
僕の場合の○○は
 
 
いまはコンサルという形でね
 
  
<心を開いて、本音を分かち合い、幸せに生きること>
 
 
その【喜び】と【安らぎ】と【豊かさ】を、僕は知っちゃっているからね
 
 
「この【遊び】を一緒にやろうよ!」
  
 
そうやって、『この指とまれ』をしてるんだ
 
 
この【遊び】はね
 
 
たとえ、相手がいなくても「一人きり」で
 
  
いつもやっていること
 
 
ただ、一人で楽しんでいることを
 
 
みんなとやればもっと楽しいはず!
 
 
もっと豊かなはず!と思うから
 
 
これをビジネスにしてるんだ
 
 
こうやって
 
 
自分の中から湧き出てくる【愛】を
 
 
ただ放ち続ければ
 
 
繁栄しないわけがない
 
 
——
みんな、はじめは一人から始めるからね
  
 
もちろん
 
  
誰も集まってくれなかったら
 
 
「寂しさ」や「切なさ」はあるけれど
 
 
あなたが、楽しみ続ければ
 
 
絶対、みんな「仲間に入れて!」とやってくる
 
 
みんな、周りでね
 
 
「本当に楽しいかな〜?」って様子見してるからさ
 
 
あなたは、ただシンプルに 
 
 
「そんなとこで見てないで。はやくこっちで遊ぼうよ」
 
 
こう声をかけてあげればいい
 
 
【集客・プロモーション】の本質は
 
 
この一言に尽きるんだ
 
 
自分がとことん楽しんでいる姿
 
 
とことん心を震わせている姿 
 
 
どんどん発信すればいい
 
 
あなたのしている【遊び】が
 
 
どれだけ心震えるものなのか?
 
 
どれだけ人生を豊かにするものなのか?
 
 
それを教えてあげればいい
 
 
それこそが
 
 
あなたが世界に放てる【愛】だから
 
 
僕らはね
 
  
もっと人生を楽しむための
 
 
新しい【遊び】を求めてる
 
 
そして、そのタネは
 
 
僕ら一人一人が持っている
 
 
まずは、このタネを
 
  
咲かせたい人から
 
 
咲かせよう
 
 
誰の許可もいらないし
 
 
誰に遠慮をすることない
 
 
あなたは【遊び】続ければいい
 
 
ビジネスを
 
 
もっと、もっと軽やかに
 
 
もっと、もっとシンプルに
 
  
◆【集客】とは「この指とまれ」をすることだ
 
 
僕らなら大丈夫。
 
 
大丈夫。