願いが叶う物語

純粋で、透明な、私へ還る。

僕が応援したい友人・彼の夢を、紹介します。 〜「喜び」に生きる人こそが、新たな【希望】を生み出す〜

この投稿を読んだら、ぜひシェア先の「森 雄翼」の投稿を見て欲しい。
  
僕の、最も大切な友人である森くんが、以前から語っていたビジョンをカタチにしようとしてる。
 
彼は、僕の「命の恩人」だと勝手に思っているくらい、大切な友人。
 
だから、今日は彼からもらった「豊かさ」を、みんなに伝えようと思う。
 
ぜひ、みんなにも彼の存在を知ってほしい。

 

今から二年前
 
僕は、第一次【絶望期】にいた
 
企業社会の中で、
 
「顧客の成果を第一に!」
 
「前年比◯○成長!」
 
毎月毎月成果を上げ続け
 
表彰されたり、昇給されたり、昇格されたり
 
それでも、募る閉塞感・焦燥感
 
頑張れば幸せになれるんじゃないか?
 
そんなトンチンカンな思い込みから
 
僕が切羽詰まってた
 
「この世界に生きる居場所はないんじゃないか?」 
 
そんな被害妄想にとりつかれ、現実から一目散に逃げるように仕事を辞めた。
 
とはいえ・・・
  
どう生きたいか?もわからずに
 
何をしたいか?もわからずに
 
毎日焦りの中で生きていた。
(そういえば、この頃にブログをはじめたんだっけ?)
 
そんな日々の中、ふと大学時代に出会っていた「森くん」の存在が気になったんだ。
 
森くんは、当時から三重県・熊野の大自然の中で
 
奥さんと生まれたばかりのお子さんと、「半自給自足生活」を送ってた。
 
森くんには大学時代1度くらいしか会っていなかったし、
 
友人と呼べるのかも際どい関係だったけれど
 
僕は無性に、都会の企業社会とは、真逆といっていいくらいの世界で
 
喜びのまま、幸せそうに生きる
 
「森くん」に会いにいきたかった。
 
そして、その旨を久々にメールに送ったところ、とっても軽やかに
 
「ぜひ、遊びにきて」
 
と言ってもらったんだ。
 
即、僕は一人で熊野に向かった。
 
あの時、熊野で過ごした1週間は、僕にとってかけがえのない宝物だった。
 
朝は早めに起きて、農作業に勤しみ
 
昼は庭で食卓を囲みながら、ビールを飲み
 
しばし休憩したら、近くの温泉であったまり
 
夜は薪ストーブを囲みながら、心ゆくまで語り尽くす
 
振り返ると、今でも、その1秒1秒の時間が、愛おしく感じる。
 
僕にとって
 
熊野の澄んだ空気が
 
空高くから照らしてくれる太陽が
 
一面に広がる青々とした緑が
 
畑で鍬の使い方を教えてくれる「森くん」の存在が
 
無邪気に弾ける「森くんベイビー」の笑顔が 
 
優しさで包み込んでくれる「せんちゃん(森くんの奥さん)」の眼差しが
 
森くんたち「家族」の存在が
 
そこから溢れ出るほどの「幸せ」が
  
現実に疲弊し、やさぐれていた僕の心を溶かしてくれた
 
仄暗く不安におしつぶされそうな人生に
 
ぽつんと立ち尽くした僕にとって
 
それは、新たな【希望】だった。 
 
(とはいえ、あの当時も、森くんは森くんで、めちゃくちゃ大変だったと思うのだけれどw)
 
熊野で過ごした1週間は
 
「どこかはわからないけれど、どこかへ歩き出そう」
 
僕に、そう背中を押してくれたんだ。
 
あの日々があったからこそ
 
僕はこうして生きていられる
 
森くんは、命の恩人だ。
 
だからこそ
 
微力ながら、僕も彼の力になりたい。
 
彼の力になれることが、僕にとっての喜びだ。
 
—— 

森くんが立ち上げたプロジェクト。
 
プロジェクト詳細のページを見ればよくわかるけれど
 
それはそれは世界をよくする「理念」に基づいて
 
「理想のビジョン」が描かれている。
 
もちろん、それはとっても素晴らしいことだけれど
 
僕は、それよりも何よりも
 
熊野で過ごしたあの日々に
 
あの【希望】に対して、支援した。
 
喜びに生きる、森くんの生き様に支援した。
 
僕は思う。
 
世界を変えるのは
 
「正しさ」よりも「喜び」なんだと
 
「喜び」こそが、人の心の琴線を震わせて
 
果てしなく、「愛」が伝播されていく
  
そうしたら、あれ?世界が変わってしまってる
 
それは夢物語でもなんでもなくて
 
「正義」と「正義」が戦い続けるよりも
 
一番現実的な話だと、僕は思うんだ。
 
もう語るのは、これくらいにするからね
 
まずは彼の生き様に触れてみて。
 
ぜひ熊野に生きる彼に会いに行ってみて。
 
僕も新しくできる宿に遊びにいくからさ
(新しくできる宿には、看板に僕の会社名・名前も入るので^^)
 
そこで、また偶然出会えたあなたと
 
あの熊野で過ごしたように
 
ゆっくり語りあえる日を
 
いまから心待ちにしてるんだ
 
◆「喜び」に生きる人こそが、新たな【希望】を生み出す
 
僕らなら大丈夫。
 
大丈夫。

 

森くんが取り組んでいるプロジェクト!
支援はこちらから↓

ecobaka.com

 

 

2年前、森くんからもらった熊野での日々 

 

blog.nekopenguin.com