願いが叶う物語

本当の才能に目覚め、自由に輝こう!/Famille.inc CEO 笠松 拓也の"生き様むきだし"blog

「ぼく」のかわりに泣いてくれる「きみ」

ぼくは、きみで
 
きみは、ぼくで...

 


 
 
ぼくが泣くのをこらえているから
 
きみは涙を流してくれる
 
 
ぼくが怒るのをこらえているから
 
きみは全身で怒ってくれる
 
 
ぼくが休むのをこらえているから
 
きみは死んだように休んでくれる
 
 
ぼくが不安になるのをこらえているから
 
きみがどこまでも不安になってくれる
 
 
そう
 
 
ぼくは、きみで
 
きみは、ぼくで
  
きみがぼくに向ける感情全て
 
本当はぼくのもんだから
 
これまでは
  
きみが、ぼくのかわりに
 
泣いてくれて
 
怒ってくれて
 
休んでくれて
 
不安になってくれて
 
ぼくは、けっこう鈍いから
 
ぜんぜん、きがつかなくて
  
きみは、きみを生きるのに精一杯なのに
 
いっぱい頑張らせてしまってごめんね
 
きみがぼくに向ける感情全て
 
本当はぼくもんだから
 
これからは
  
ぼくも一杯涙を流すし
 
全身で怒るし
 
死んだように休むし
 
どこまでも不安になるからさ
 
それでもね
 
いっぱい泣いて、怒って、休んで、不安になって
 
そのあと
 
さいごはね
 
やっぱり、きみと
 
笑っていたいと思うんだ
 
ぼくは、ぼくの分だけいっぱい笑うし
 
きみは、きみの分だけいっぱい笑う
 
そうやって、一緒に年をとっていけたらさ
 
これ以上ない幸せだと
 
僕はおもうんだ
 
◆「ぼく」のかわりに泣いてくれる「きみ」
 
僕らなら大丈夫。
 
大丈夫。