望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

【軽やか】に幸せでありたいなら、一番【重い】責任を引き受けると「楽」だよ

「ただ、幸せの波動の中にいればいい」

 

 
ここ2~3日で
 
ますます、この絶対の確信がすっぽりと
  
身体を包み込んでいる。
 
ただ、ゆったりお茶を飲んで
 
陽に光る緑に目を細め、とことこお散歩していれば
 
勝手に、さくっと商品が売れていく
 
「100万」を悠に超えるお金が、ぽぽんと口座に入金されている
 
こういう現実が

あたりまえのように起こっていく。
 
そう。

僕らは、
 
「いまここの幸せ」を
   
ただ受け取っていけばいいのだと
 
世界はいつも教えてくれている。
 
この真実に、降参するしかない。
 
——
僕らの【未来】はね
 
【いまここ】の波動が再生産されるだけ
 
【いまここ】が、「豊かだ」と思えば、豊かな現実が創られる 
 
【いまここ】が、「不足だ」と思えば、不足な現実が創られる
 
そんな、シンプルなもんなんだ。
 
僕らがすべきなのは、思い出すだけなんだ。
  
豊かさは、循環させようとするまでもなく
既に【いまここ】で「循環」している。
 
幸せは、目指そうとするまでもなく
既に【いまここ】に溢れている。
 
現実が、”そうなっていない・滞っているように”見えるのは
 
あなたが、ズレているだけだ
  
=====
◇【いまここ】の幸せを受け取る

◇【いまここ】で【愛】の出口をあける
-幸せ・感謝・衝動を行動・言葉で表現する

◇【いまここ】で【愛】の入り口をあける
-欲しいものを、欲しいという
=====
 
僕らが、すべきなのは、これだけだ。
 
スピリチュアルやら、宇宙の法則やら、引き寄せやら
  
趣味として、考えたいなら、好きなだけ考えればいいけれど
 
結局、この3点に集約される。
 
すべては、【いまここ】にある。
 
でね
 
ここまでいうと
 
「どうすれば、【いまここ】の幸せを受け取れますか?」
 
ってよく聞かれる。
 
その問いに、僕はこう答えよう
  
『自分が一番恐れている未来をイメージして
 
そうなったとしても【生きる】と決めて責任をとるといいよ
 
そうすると、いまここの【幸せ】が沢山受け取れるよ」
 
そう。
 
軽やかに自由自在に
  
生きているように見える人たちは
 
みんな
 
一番【重い】責任を引き受けている。
  
僕も、もちろんそうなんだ。
 
例えば
 
もし
 
愛する家族を失って
  
大好きな仲間もお客さんも失って

お金も全部失って 
 
他にも思いつく限りの
 
全部を失ったとしたら・・・
 
そうやって
 
そんな【重い】未来の中にいる自分を
 
これまでもイメージしてきた
 
現実が、どんどん豊かになるたびに
 
何度も、何度も。
 
それは、ちょっとタフな作業だけど
 
結局、何度とうてもね
 
行き着く結論は同じだった。
 
「すべてを失った人生。その物語を、また語り始める。」
 
日雇いのバイトでもなんでもして
 
生きのびる体制を整えたら
 
やっぱり、あいもかわらずに
 
こうやって、
  
僕は、自分の人生を語り続ける
(この結論に行き着くたびに「自分語り好きすぎだろ!」と思うww)
 
まぁ、そうやって
 
一番重い【責任】をとっちゃうと
 
【いまここ】には
 
【豊かさ】しかないことに気づくから

「無料」「有料」問わずにね
 
僕らの回りには、絶え間なく
 
僕らを支えてくれる
 
ひと
 
モノ
 
おかね
 
じょうほう
 
が溢れている。
 
自分が世界から、どれだけ「豊かさ」を与えられているか? 
 
自分が世界から、どれだけ「愛」されているか?
 
その、絶対の真実に気づくから
 
その状態こそが
 
「幸せの波動」の中だ
 
そして
 
僕らがやるべきなのは
 
ただ、「幸せの波動」の中にいて
 
ただ思いの儘に、自分に正直に
 
この世界を遊ぶこと
 
そしたらね
 
どうしたって
 
豊かな現実が展開してくからね
 
本当に本当はシンプルだから。
 
僕は、これから何度も何度もね
  
絶対の確信をもって伝えよう。 
 
もっともっと
  
都合のいい真実を
 
僕らは受け取っていいんだよ
 
◆【軽やか】に幸せでありたいなら、一番【重い】責任を引き受けると「楽」だよ
 
僕らなら、大丈夫。
 
大丈夫。
 
P.S 
写真は、僕の【座右の銘】の一つ byまいわいふ

f:id:nekopenguin0705:20170202215206j:plain