読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

お祝いさせてもらえる「喜び」 〜師匠「加美大輔」へ贈る言葉〜

突然ですが
 
今日は
 
僕の人生における
 
恩人であり
 
師匠であり
 
「希望」である
 
「加美大輔」への想いを綴りたいと思います

 


 
理由もなく、「書かんといかん!」みたいなテンションなので
 
いよいよ、ラブレターみたいで、アレな感じですが..,
 
【人類愛】ということで、一旦、ご了承くださいw 
 
——
僕が

事業をはじめて
 
1年経とうとしている 
 
月収7桁も早々に達成し
 
月8桁稼ぐ世界も体験し
 
気づけば事業を始めてから

3000万以上稼いでいた
 
改めて
 
「人生は、自分の想像を軽々と超えていく」
 
その真実を明らめて、諦めたw
 
そんな中、今日ふと
 
「去年の、今頃、僕は何をしていたんだろう?」
 
そう思い
 
スマフォの中の自分用のメモを見返していると
  
師匠・加美大輔のFBの投稿のスクショが
  
数百枚以上、保存されていた
 
あの頃、スクショの数は、毎日のように増えていた
 
その一つ一つを見返していると 
 
色んな想いが蘇ってくる
 
「これには、胸が震えて泣いたなぁ」とか
 
「これには、頬をひっぱたかれた気がしたなぁ」とか
 
「これには、救われたなぁ」とか
 
今でも、ありありと思い出せる。

懐かしい痛みと、温かさを感じる。
 
そう。
 
あの頃、
   
まだ加美さんと出会う前
 
加美さんの紡ぐ言葉があったから
 
その生きている姿があったから
 
僕は
 
先の見えない、ニート時代も
 
人生を投げ出さずに
 
なんとか生き抜いてこれたし
 
その先に
 
この生き方、この仕事をはじめることができた

そして、この1年奇跡の中を生きることができた
 
ぶっちゃけていうと
 
当時、加美さんの存在は
 
僕が望む、新しい世界
 
それをもたらしてくれる
  
「救いの”神様”」だった
 
まぁ、「救いの”神様”」は言い過ぎだとしても
 
100歩譲って
 
「おっぱいに異常に執着している、救いの”神様”」

やっぱり、神様的な存在で
 
同じ人間だとは思えないくらい
 
その、生き様が【光】だった
 
当時は、ただ投稿を読んでいるだけだったのが
 
ひょんなことから、僕にチャンスの女神が微笑んで
 
「おっぱいに異常に執着している、救いの”神様”」

である
 
加美さんの
 
コンサル事務局(弟子ポジション)を
 
頂くことができ
 
そこから、生身の人間「加美大輔」との
 
対話がはじまった
 
それが、去年の5月のこと
 
もう、はるか昔のことのように思えるけれど
 
まだ9ヶ月前の話だ
 
そこからは、ここでは語りつくせないくらい
 
僕は
  
あまりに多くの素晴らしい出来事を
 
一緒に経験させてもらった
 
加美さんと出会うことがなかったら
 
絶対、出会うことがなかった
 
素晴らしい人たちと出会うことができた
 
もう、奇跡としか言いようがないくらい
 
僕の人生に、次々と【幸せ】がもたらされた
 
そのかけがえのない時間の中で
 
人間・加美大輔を知ればしるほど
 
僕は、思い知ることになった
  
「あ、加美さんも人間なんだ。」
 
というか

「誰よりも人間なんだ。」
 
よく見ると、執着するのは、おっぱいだけじゃないし
 
時に、迷うし、不安になるし、怒りに震えるし
 
聞くところによると

頻繁に「絶望」しているらしいし
 
「神様」なんていう小綺麗なもんじゃないんだって。
 
——
 
加美さんの姿が
 
強すぎるほど強い【輝き】を放っているのは
 
多くの人の【希望】になっているのは
 
加美さんが、誰よりも【人間】であるからなんだと思う
 
自分の【弱さ】を見つめ続け
 
それ以上に
 
自分の【才能/光】を信じ続ける
 
加美さんが、その並並ならぬ道を歩んできたから
 
あんなにも、人の【心】に寄り添えるのだと
 
人の【力】を信じることができるのだと
 
僕は、加美さんと時間を過ごす中で
 
そう思い知らされた
 
いまや

プレミアブランドである

加美さんのコンサルで

お客さんが圧倒的成果を出していくのも
 
「神様の力」なんかじゃない

加美さんの存在から

溢れ出す
 
どこまでも
 
「人間を信じる人間の力」なんだと
 
僕はそう思うんだ。
 
そうやって、
  
人間・「加美大輔」を 
 
知れば知るほど
 
僕は、師匠の加美さんを
 
出会う前よりも

さらに好きになっていた
 
加美さんは
 
僕の中で「神様」ではなくなったけど
 
どこまでも「人間」になったけれど 
 
だからこそ
 
本当に本当に嬉しい
 
——
先日、加美さんへ
 
お誕生日のお祝いで
 
僕が大好きなブランドの
 
手染めのキーケースを贈らせてもらった
  
プレゼントを選んでいるその時間
 
それそのものが、豊かなもので
 
「あぁ、生きててよかった」
 
そう、思わせてもらった。
 
この幸せも
 
師匠・加美大輔と出会ったから  
 
 
だからこそ
 
改めて、伝えます
 
 
「これまで

生きててくれて
 
ありがとうございます。
 
これからも
 
生きて
 
ただ
 
そのまま生きてください。
 
それが、みんなの希望です。」

いつも、ありがとうございます!
 
——
P.S
  
先日
 
沙織さんがサプライズで企画してくださった
  
誕生日ビデオメッセージ。
 
その中でも、伝えさせてもらった内容でも
 
まだ、ぜんぜん消化不良だったので
 
勢いだけで、書き切りましたw
 
まだ、消化不良ですが
  
それは、これからの時間でも
 
お伝えできればと思います!
 
・・・ということで

今日もミーティングよろしくお願いします( ^ω^ )w
 
新しい始まりになる予感がひしひしとしています。

P.S
写真は、沙織さんプロデュースの

加美さん誕生日サプライズDVD
 
何度も見返すたびに幸せになれる宝物です^^

f:id:nekopenguin0705:20170205153238j:plain