読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「NO.1でありたい」

いつの日か、置いてけぼりにしていた

僕の中に確かにあった

この本音を思い出した。

僕は

誰が、なんと言おうとも

この本音を叶えてあげたいと思うんだ

 

僕らは、忘れているだけだ

昔々、思うがままに描いていた

どこまでも純粋な望みを。

ただ、あの頃の僕らは無垢で

幼すぎて、やり方を知らなくて

その望みを掴めなかった

そうして、いつの日か

「どうせ私なんて」

そうやって、自分の可能性に

蓋をした

僕も、ずっとずっと同じだったんだ

「自分の好きなことを仕事にしたい」と願いながら、現実は惰性で妥協の仕事に甘んじていた

それすらも続けられず、とうとうニートに成り果てた

「あたたかい、安らげる家庭を手に入れたい」と願いながら、愛し方がわからずに

自分の家族も、婚約者も失った

「どうせ僕なんて」

そんな言葉は、これまで何千回も

自分にかけてきた

それでもね

本当に本当はね

どうしたって、諦めきれないんだよ

頭で、どれだけ自分をおさえても

魂が求めてる

その喜びに

僕ら人間は、導かざるおえないんだ

もう、時代が示してる

自分に嘘はつけないし

どうしたって

自分の望みは叶えにいくことになるからね

僕は、底の底まで落ちるまで気づかなかった

「絶望」を味わい尽くし

それでも「自分を生きる」と決めた時

「なにもない、今のむき出しの自分で仕事をする」

そうして、見切り発車もいいとこで、

事業者としてスタートを切ったんだ。

それが1年前のこと。

そこから、僕は全部取り返してきた

過去手放したものたちを。

”大好き”を仕事にして

”大好き”な仲間ができて

”大好き”なだけ、月7桁、月8桁稼いで

唯と、一番欲しかった家族を創りはじめた。

【最高の物語】がはじまった。

-----
そう。

手放したものたちは、

新たな形で

その何万倍も豊かなものとして

かえってくる。

「どうしたって望みは叶う。叶えざるおえない。」

もう頭で考えるのは、おいといて

愛が呼ぶほうへ進めばいい。

安全圏から飛び出して

ちょっとこわいほうへ進めばいい。

もう、あなたは知っている。

望みを叶えたい、あなたに向けて

好きを仕事にしたい、あなたに向けて

愛する人を愛しぬきたい、あなたに向けて

「僕が一番力になれる。」

僕は、そう言い切れる、NO.1の事業者として

今年、生きていこうと思う。

あなたが輝けるステージを

創っていくからね。

それこそが、僕の最高の愛だから。

そのステージの、詳細はこれから随時

告知していくね!

【自分史上最高の自分へ】

僕らなら大丈夫。

大丈夫。

P.S
今からハワイいってきます!
楽しみ尽くして、自然いっぱいのエネルギー持ち帰ってくるね^_^