読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆好きを仕事に、愛する人を愛しぬく◆幸せなライフスタイルをビジネスにする「あり方・やり方」伝えます。

「価格設定」こそ、事業者の「愛」だから

【1000万稼ぐ】幸せなビジネスの創り方

「商品にどうやって価格をつけたらいいですか?」
  
事業をやる以上、誰もが一度は聞きたくなる、この質問。

 


 
僕も何十回と価格設定をしてみて
 
そのたびに、悩むことも多かった。
 
ちょうど、去年の今頃は、
 
個別セッションを1回「3000円」でやっていた
 
そこから、1年たって、何度も何度も値上げをしてきて
 
今は、1回「50万円」で提供している。
 
この価格を高いと見るか、安いと見るかは、人それぞれだけれど
 
僕が、お客さんに全力で価値を提供するために
  
誠実に向き合うのなら
 
この価格以下では

どうしてもできないと思ってる。 
 
事業をやればやるほどね
 
どんどん自分に嘘がつけなくなるんだ。
  
そんな、僕が
 
「商品にどうやって価格をつけたらいいですか?」
 
という質問に答えるとしたら・・・
 
 
「お客さんに対して、
  
どれだけの”余白”をつくってあげたいのか?
 
そこから考えるといいよ。」
 
 
——
僕らが提供する【商品】=【幸せの知恵】
——
 
そう。
 
【価格】とは、お客さんが【愛】を受け取るために
 
必要なものなんだ。 
 
僕らが、お客さんに提供している【価値=愛】の本質は
 
僕ら一人一人が
 
自分の人生全てをかけて培ってきた 
 
【幸せ】の知恵だ。 
 
それこそが、あなたの中にある【最高の愛】だ。
 
その本質を前に
 
商品のカタチは、あくまで「手段」でしかない。
 
僕らがやってる事業とは
 
自分自身を【幸せ】にしてきた人生の中で
  
◆培ってきた【幸せの知恵】を
 
◆心震える【大好きなこと】を通じて
 
◆お客さんに渡していくことなんだ
 
 
お客さんは、「あなたの生き様」に魅せられて
  
あなたの味わっている「幸せな世界観」に憧れて
 
「どうすれば、そんな世界で生きることができるの?」
 
そんな問いとともに
 
あなたと出会うためにやってくるんだ。
 
だからこそ
 
あなたは、全力でお客さんに
 
【幸せの知恵】を渡したいと思ってる。
 
だったらね
 
「価格設定」に妥協をしてはいけないよ。
 
——
【新しい知恵】を入れるための、余白をつくるんだ
——
 
あなたのお客さんは
 
あなたの渡す【幸せの知恵】を
 
全力で「受け取って」
 
自分自身を変化させたいと望んでる
 
自分の人生を豊かにしたいと望んでる
 
そのためには
 
まず
 
お客さんのココロの中に
 
「受け取る余白」
 
をつくってあげることだ
 
お客さんが
 
これまで積み重ねてきた「過去」
 
その中で
 
染み付いてきた「信念・価値観・習慣」
 
凝り固まってきた「自己イメージ」
 
そんな【旧くなったもの】たちを
 
お客さん自身が
 
思い切り手放せるようにしてあげることだ
 
そうやって
 
お客さんの内側に
 
あなたが、渡す最高の【愛】を
 
【受け取る余白】をつくってあげるんだ
 
——
お金は、一番のエネルギー
——
 
そして
  
この「手放し」に一番有効なのが
 
「お金のエネルギー」
  
あなたが、お客さんに
 
全力で愛を渡したいのなら
 
一番はじめに
 
お客さんに
 
「お金を差し出す」という一番のチャンスを用意してあげて
 
お金のエネルギーを使って
 
お客さんにとって、もう役割を終えた
 
「過去」
「信念」
「価値観」
「習慣」
「自己イメージ」
 
そんなものを、感謝とともに
 
手放せるように、その舞台をつくるんだ。
 
そこから、全てが始まるから。 
 
——
「価格設定」こそ、事業者の「愛」
——
 
だからこそ、
 
あなたは、絶対に
 
あなたの「商品」に
 
妥協のない価格を
 
つけなければいけないよ。
  
いつも、思い出して欲しい。
 
僕らがね
 
事業を通じて”一番やりたいこと”は
 
「稼ぐ」ことでも
  
「有名」になることでも
 
「社会に役に立つ」ことでもなくて
 
 
◆自分の【愛】を全力で渡せる「お客さん」と出会い
 
◆互いに心を開いて、震わせあうことだ
 
 
それさえ突き詰めていけたらね
 
どうやっても、お客さんの人生も豊かになっていく
 
どうやっても、あなたは稼げるようになっていく
 
どうやっても、あなたは有名になっていく
 
どうやっても、あなたは社会に不可欠な存在になっていく 
 
いつ、どんな時もね
 
自分の一番大事なものを、捉え続けていけばいい。
 
誰よりも
 
自分に正直に。
 
◆「価格設定」こそ、事業者の「愛」だから
 
僕らなら、大丈夫。
 
大丈夫。
 
P.S 
ハワイの海は教えてくれる

「もっともっと自由に遊べ」

f:id:nekopenguin0705:20170212203438j:plain