望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「稼ぎたい」=もっともっと、自分を丸ごと表現したい。生きたい。

僕が「稼ぎたい」と強く望む時

いつも、その奥にある本音は

 

「もっともっと、
自分を丸ごと表現したい。
生きたい。伝えたい。」

そんな、どこまでも、尽きることのない願いだった

自分が欲しいものを、まっすぐ手を伸ばす

自分が与えたいものを、まっすぐに与える

自分が伝えたいことを、まっすぐに伝える

そんな

本当は人間みんな

【当たり前】にできるはずの「生き方」

いつの日か、自ら放り出してきた

そんな「生き方」を

僕は取り戻したくて

その旗を立てるため

ビジネスを始めた

そこから事業者として生きてきて

体感して確信したことがある

自分が、自分の本音で生きる

「生き方」を研ぎ澄ませば、研ぎ澄ますほど

ありとあらゆる豊かさはどんどん循環していく

自然と稼げるようになる

逆に

自分が、自分の本音で生きる

「生き方」を蔑ろにすればするほど

ありとあらゆる豊かさは滞っていく

どこまでも

嘘がつけなくて

どこまでも

やましさは明るみに出て

自分の強さも弱さを

全部ひっくるめて、引き受けて

その上で、自分の魂が求める

最高純度の生き方をどれだけしているか?

「すべてを失ったとして、いま一番何がしたいか?」

その問いにどこまでも向き合って

逃げずに自分を愛し抜いているか?

その一点を

僕らは世界から

いつも問われている

自分に正直になればなるほど、豊かになる

自分に嘘をつけばつくほど、乏しくなる

色々な現実に

手当たり次第

原因と結果を探して

考えすぎてしまうけど

本当はこのシンプルで

大きな原則の中を

僕らは生きている

いつも、初心を思い出し続けるために

まっさらな自分と

胸を張って向き合えるように

どこまでも貪欲に

◆「稼ぎたい」=もっともっと、自分を丸ごと表現したい。生きたい。

僕らなら、大丈夫。

大丈夫。