望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

【事業者】という物語をあなたに

「物語を創りたい。小説家になりたい。」

 

僕が少年の頃、描いた夢だった。

そして、今

僕はその夢を

既に叶えている。

僕にとって、いまこの生活すべてが

「物語を創り、生きることだ」だ

自分の心を震わせて

自分の放ちたい愛を事業にのせて

ともに生きたい人と分かち合う

その一瞬一瞬に

許しがあり

癒しがあり

喜びがあり

葛藤があり

勇気があり

感動がある

この僕の人生に

起こることすべてが

愛おしく

煌めいて

その全てを余すことなく

この世界に遺したいと

その想いが溢れてる

だから

僕はこうして

日々、この場を通じて

僕の人生という

物語を語ってる

あらすじなしの

ノンフィクションだ

僕は自ら

最高に自分を幸せにして

愛したい人を

自由に愛したいだけ愛しぬく

そんな「物語」を生きて

その「物語」を語ってる

自分で紡いだ物語に

誰よりも自分自身が感動して

喜びの涙を流す

それが、僕の生き方だ。

そして、

僕が渡したい「生き方」だ

そして

【事業者】ほど

この「生き方」をどこまでも

味わいつくせるフィールドは

他にはないと思ってる

イメージしてみてほしい。

0から自分の「大好き」を詰め込んで

世界で唯一無二の「商品」を創り出す

その「愛の結晶」を

愛したい人に勇気を持って差し出して

それを、全力で受けとってくれる【感動】

そして、受け取ってくれたお客さんと

事業者である自分でしか生み出せなかった

新たな物語が生まれていく【喜び】

それらをめいいっぱい受け取りたい

その純粋な願いを

突き詰めれば突き詰めるほど

自然の流れに則って

お金もどんどん舞い込んで

物質的にも

自由自在に

この世界をどんどん遊んでいける

そうすると

また、自分のもっと「大好き」を詰め込んだ

最高の愛の結晶を生み出したくなる

その無限に豊かな

愛の連鎖はね

事業をやっているから

味わえるんだ

断言する。

これ以上ない

幸せな生き方だ

だからこそ

僕は、【事業者】という物語を生きている

そして

この生き方を、あなたに渡したい

それを望む、あなたとともに

どこまでも、感動を分かち合い

「この命をありがとう」

そんな喜びの涙を流したい

----

物語には

ハッピーエンドはつきものだけど

本当に本当は

終わりはなくて

豊かさは尽きることなく

僕らはどこまでも幸せになれる

そう。

そんな”ハッピーエンドエンドレス”な日々を

妥協なく

僕は生きていきたいと思うから

◆事業者という物語をあなたに

僕らなら、大丈夫。

大丈夫。

P.S
無限に豊かな【物語】を生きる✖︎生き様で稼ぐ

そんな事業者を輩出する

笠松 拓也最高の商品

「ライフスタイル・ビジネスカレッジ」

第1期は、2月末に募集開始することに決めた!

細かいところは、これから最後詰めるけど

超少数精鋭のプロジェクトになると思う。

たぶん、5名程度。

最高の基準で

◆【月7桁(100万)〜年8桁(1000万)】稼ぐ・基準のコース

◆【月8桁(1000万)】稼ぐ・基準のコース

◆笠松 拓也の全部を渡して、ともに年9桁(1億)目指す基準の<<バディ枠(弟子枠)>>

この3本を用意しようと思う!

エネルギーぶちこんで

また、くわしくアナウンスしていくね^_^

「幸せ」の基準を上げ続け

【望みを叶えて、愛する人を愛しぬく】

そんな心震える生き方を

分かち合える仲間と

僕は生きていきたい。