望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「自分をなめるなよ」

僕は

ここ数日で

生きる基準を段違いに上げた

 

本当は

ずっと前から、僕が僕自身に

ずっと言っていたのに

ビビって無視してしまってた

その本音をやっと受け取れた

もう「甘んじる」ことの

限界の限界まできててね

しまいには

お客さんの口から

「自分なめんなよ」
(その場にいた、みんなに対して)

とか、飛び出してくる

----
自戒として

断言する

自然の摂理として

徹底的に自分を愛しぬき

妥協なく、自分を幸せにしようと決めたなら

その生き方貫くなら

どうやったって

「史上最高の幸せ・豊かさを更新していく」

そんな現実しか訪れない

それが命の強さだ

精神的にも

物質的にも

無限に豊かになっていく

事業者ならば

どうやったって

どんどん高い基準で

稼げるようになっていく

月7桁

月8桁

月9桁

....

人それぞれのペースはあれど

絶対にたどり着くと確信してる

そこに制限をかけているのは

紛れも無い自分なんだ

---
僕は、事業者向けの

セッションを

去年の7月からはじめた。

そこで出会ってきたお客さんは

みんな自分の人生に

妥協なく生きる姿をみせてくれた

そして

振り返ると

あるお客さんは、起業3ヶ月で月100万稼ぎ出し

あるお客さんは、自己ベスト更新し続け、月300万以上稼ぎ出し

全体で見ても

月7桁プレーヤーは5名

月50万以上の基準とすると、二桁名

事業者が輩出されていた

その過程で

僕も月7桁、月8桁稼げるようになり

まともに稼げるようになった

去年の5月からの売上が

3000万くらいになっていた

これは、まぎれもない【成果】として

受け取ろうと思うけど...

でもね...

本当に本当は

みんな

絶対にこんなもんじゃないのよ

お客さんの

【命を強さ】を見れば

もっと

豊かさを受け取れるはずなのに

基準上げていけるはずなのに

月7桁、月8桁稼ぐ人がもっと出ても

おかしくないのに

そう現実がなっていない原因は...

そう。

僕が自分をなめていたからだ

僕は心のどこかで

「いまの現実、出来すぎだよね?

このままでいいんじゃないかな?

これ以上望んだら

何か壊してしまうんじゃないか?」

そんな風に、甘ったれていたからだ

もう、寝言も寝て言えとw

妥協なく、自分を幸せにしようと決めたなら

どうやったって

「史上最高の幸せ・豊かさを更新していく」

いまある幸せを、しっかり受け取り切ったら

魂が、次のステージを望むに決まってる

それが、【自然の摂理】だ

それに逆らっている現実は

自分イジメにひとしいと僕は思ってる。

絶対に忘れちゃいけない、この真理を

自分のために

刻んでおこうと思う

だからこそ

僕は

どこまでも

いまある幸せを味わい尽くして

幸せの基準を高く

もっと高みを目指していくよ

それこそ

お客さんに

幸せを渡していく

事業者の責任だ

2017年
◆月7桁プレーヤー 30名輩出
◆月8桁プレーヤー 5名輩出

もっと、この世界を

自由に遊んでいける

仲間を創っていこう

◆「自分をなめるなよ」

僕らなら、大丈夫。

大丈夫。