読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

稼ぎたいのなら「役に立とう」「価値を出そう」は捨てておけ

のっけから
 
これまでのビジネスの基本を
 
土足で踏みつけるような言い分だけど 
 
何度問うても確信してる。

 


 
ビジネスで「最高の幸せ」を
 
自分にも
 
お客さんにも
 
渡したいなら
 
大事にすべき【はじまりの点】は
 
「役に立とう」「価値を出そう」ではなく
 
「できるかわからないけれど、やりたい」
 
という、最高純度の想いだ。 
 
——
 
僕らは求めてる。
 
イマココよりも
 
もっと幸せな人生を
 
もっとすごい自分を
 
まだ見ぬ明日を
 
だからこそ
 
僕ら事業者が
 
商品を出すならね
 
「いままでの枠組み」の中で
 
ごちゃごちゃしてらんないんだ
 
だって、あなたが出会うべき
 
お客さんが待っているのは
 
「まだ見ぬ明日」への商品なんだ
 
それは、
 
あなたが目を向ける過去には、決して「ない」
 
「これまで○○だったから、これはできるだろう。役に立てるだろう。お客さんも来るだろう。」
 
そんな根拠と打算の中には、決して「ない」
 
僕らが 
 
「役に立とう」「価値を出そう」
 
と意識する時
 
実は、僕らの目線は過去に向いている
 
「過去の枠組みの中」で考えている 
 
そう。
 
気づいてる?
 
どんどん、あなたが目指すべき「商品」から遠ざかっているんだ
 
気づいたら
 
すぐさま
 
その重力から、自分を解放すればいい。
 
あなたが、やるべき「商品」があるのは
  
「できるか、できないか?」の次元ではなく
 
「やりたいか、やりたくないか?」の次元ではなく
 
「やりたい…とにかく、わからないけど、やる!」の次元だ
 
怖さがありながらも
 
それでも、魂が求めてしまう
 
その次元に向けて
 
これまでの自分の想定を超える
 
【最高基準】に
 
あなたの、やるべき「商品」はあるんだ
 
それを世界に放つことが
 
あなたにしかできない役割だ
 
その基準を捉えたものたちから
 
この世界に【感動】をひろげていける
 
無限の豊かさの中を生きていける
 
僕は
 
そんな生き方を望む

あなたと
 
ともに生きていきたい
 
◆稼ぎたいのなら「役に立とう」「価値を出そう」は捨てておけ
 
僕らなら、大丈夫。
 
大丈夫。