願いが叶う物語

純粋で、透明な、私へ還る。

商品の価格=「人と向き合う勇気・覚悟」 ~月7桁→月8桁を稼ぐ基準~

もし、あなたが稼ぐ!と決めたなら

 

絶対に踏むべき一歩目は

 

「最高の商品」を創ることだ

 

 

そして、あなたの「最高の商品」の基準が

 

あなたの稼げる器を表している。

 

一つ、ざっくりとした数字の基準を示していこう。

 

7/100万稼ぐとは?

 

20万の商品を、5名に売る

35万の商品を、3名に売る

50万の商品を、2名に売る

100万の商品を、1名に売る

 

これで達成だ。

 

8/1000万稼ぐとは?

100万の商品を、10名に売る

200万の商品を、5名に売る

500万の商品を、2名に売る

1000万の商品を、1名に売る

 

これで達成だ。

 

——

 

あなたが、本音で

 

稼ぎたい!

 

自分の可能性を追求したい!

 

と願うなら

 

のような基準の”高単価”の商品を、

 

世界に放てる自分になることだ。

 

そして、”高単価”の商品を出す上で

 

僕らに、いつも問われてくるのが

 

=========

人と向き合う勇気・覚悟

=========

 

お客さんの人生が

 

根底から変化していくような商品

 

そこには

 

事業者の、「あり方」が問われていく

 

上っ面の飾り立てた「コンテンツ」だけでなく

 

自分の丸ごとの【命】をかけて 

 

お客さんと真正面から向き合っていく

  

「命と命をつきあわせていく」

 

そのやりとりの中でこそ

 

これまで閉ざされていた

 

お客さんの中の【扉】が

 

次々と開かれて

 

眠っていた可能性が解放されていく

 

お客さんが瞬く間に輝き始めていく

 

当たり前のように【奇跡】が起こっていくんだ

 

そして

 

『お客さんの中の【扉】が開かれる』

 

それは、同時に

 

事業者が、自分の中の【扉】を開いていくことだ

 

自分で、これまで封じ込めていた、諦めていた

 

純粋な願い・望み

 

そして

 

これまで裁いて、見ないふりをしてきた

 

自分の醜さ・弱さ

 

それを、一つ一つ向き合って

 

葛藤を抱えながらでも、勇気を出して

 

「それでも、私はまだまだ愛したい」

 

「それでも、私はまだまだ愛されたい」

 

そう世界に宣言し続けていく

 

この事業者の「あり方」あってこそ

 

お客さんの中の【光】を信じ抜けるんだ

 

——

 

「稼ぐ」道のりなんてシンプルだ

 

ただ、当たり前のように

  

“単価”×”人数”の基準を

 

一つ一つ上げていけばいい

 

ただ、一番見つめていくべき本質

 

一番、僕らの魂が求めているのは….

 

どこまでも、「自分の【扉】を開いていくこと」

 

どこまでも、「お客さんの【扉】を開いていくこと」

 

そうやって、命のやり取りをしていく中で

 

『人の可能性を信じ抜くこと』

 

ここを、魂が望んでる。

 

この面白さ・このワクワク感

 

僕らは、それをただ追求したいんだ。

 

そんな【遊び】をしたいんだ。

 

そして

 

そうやって、無我夢中で遊んでいく中で

 

気づいたら・・・

 

「あ、月7桁稼いでた」

 

「あ、月8桁稼いでた」

 

そのくらい軽やかに

 

この生き方

 

このビジネスを楽しんでいこうじゃないか。

 

商品の価格=「人と向き合う勇気・覚悟」

 

目の前の、扉を開こう。

 

僕らなら、大丈夫。

 

大丈夫。