望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

妥協した価格なら、そんな商品やめてしまえ

価格づけは

事業者の「命への信頼」が試される。

改めて、自分に問いかけてみよう

 

自分の中に、どこか刷り込みのように

「価格は安い方がいいのでは?」という

意識がないかどうか?

そして、もしそれがあったとしたら

自分に喝を入れて欲しい

「お客さんを舐めるのもいい加減にしろ」

-----
あなたの商品の価値

すなはち

あなたのお客さんの成果は

あなた一人でつくるんじゃない。

あなたとお客さんで

共に創造していくものだ

あなたは

全力の「愛」をお客さんに【渡す】

お客さんは

全力で【受け取る】

この循環

【渡す】✖︎【受け取る】

の掛け算で、お客さんの成果は決まる

それが、商品の価値なんだ

そして、【価格】とは

お客さんに、全力で

【受け取らせてあげる】ための

最高の手段だ

全力の基準はここだよ!

そう示してあげるものなんだ

だからこそ

決して妥協してはいけないよ

自分が全力で【渡せる】価格はいくらだろう?

お客さんが全力で【受け取れる】価格はいくらだろう?

あらゆる、怖さを超えて

自分の全力に

妥協のない価格をつけて、世界に出せた時

あなたの商品は、はじめて

本物で最高のオンリーワンの商品となる。

もう今の時代

中途半端なものはいらないのよ

時代は

妥協一切なしの

本物だけを求めてる

そして

僕らはね

そこに生まれる感動に

心震わせたいと願ってる

◆妥協した価格なら、そんな商品やめてしまえ

僕らは、こんなもんじゃないでしょう?

僕らなら、大丈夫。

大丈夫。