望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

アホな自分を認めること

「失敗するのが怖くて...」

って人は、要は「アホな自分」を

受け入れるのが怖いってこと。

 

いまいまの自分の器がそこならば

まずは、それを認めるといいよ

もうね

いちいちスケベ根性チラ見えなんだよ

「稼ぎたいんです!」

※ただし...※
スマートに、賢く、かっこよく、美しく、見栄え良く、賞賛されるように...
-----

みたいにねw

もちろん

速く上手くいくように

工夫するのも素晴らしい

その道の先輩から

アドバイスもらうのも

素晴らしい

でも、それでも

最後に決めるのは自分なんだ。

いい加減、認めたらどう?

上手くいくために

沢山の”素晴らしげ”な方法や情報は

手元にあるけれど...

「でも、なんか違うんだよなぁ」

そこにある違和感

「いや、ほんとは...こうしてみたいんだよなぁ...」

かすかに見え隠れする本音

それをいつまでも無視してるから

自分の感覚への

信頼を育ててないから

いつまでたっても

ぱっとしない!

いつまでたっても

稼げない!w

いい加減、アホな自分を認めろよ

「上手くいかないかもしれないけど

ほんとアホだと思うんだけど

いまは、これやりたいんだよね」

その想いを叶え続けた先にこそ

あなたにしか生み出せない

アートがまっている

本当は

世界中の誰にも侵されない

世界中の何ものにも阻まれない

自分の力を確信したいんだろう?

その力で

貫きたい想いがあるんだろう?

そんなアホな想いをもってるなら

当たり前のように

もっと自分のアホさを受け入れていけばいい

一つ一つ

自分のアホな感覚を頼りに

自分のアホさを磨いていけ

その旅路にいる

あなたの命は必ず

輝いていくのだから

◆アホな自分を認めること

僕らなら、大丈夫。

大丈夫。