望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

「たとえ、無料でも‬ ‪ ‬ ‪自分がやりたいと思える‬ ‪ ‬ ‪純度高いことをやろう」‬

「たとえ、無料でも‬
‪ ‬
‪自分がやりたいと思える‬
‪ ‬
‪純度高いことをやろう」‬

 


‪ ‬
‪それは、一つの真理だ。‬
‪ ‬
‪でも、それは‬
‪ ‬
‪お金を受け取る怖さから‬
‪ ‬
‪逃げるための口上では決してない‬
‪ ‬
‪もし、本気で事業やるのなら‬
‪ ‬
‪「あんたの商品の‬
‪ ‬
‪どこにそんな価値があるの?‬
‪ ‬
‪意味わからへん。」‬
‪ ‬
‪たとえ‬
‪ ‬
‪そんな風に‬
‪ ‬
‪なんどもなんども‬
‪ ‬
‪言われたって‬
‪ ‬
‪時に、道端のゴミのように‬
‪ ‬
‪扱われたって‬
‪ ‬
‪それでも ‬
‪ ‬
‪この愛を届けたい‬
‪ ‬
‪もっと磨いて‬
‪ ‬
‪受け取ってもらいたい‬
‪ ‬
‪その意志が問われてる‬
‪ ‬
‪「いや、お金とかじゃなくてー」‬
‪ ‬
‪とか、逃げ口用意して‬
‪ ‬
‪半身で構えて‬
‪ ‬
‪戯言言うのなら‬
‪ ‬
‪いっそのこと‬
‪ ‬
‪そんなママゴト‬
‪ ‬
‪やめてしまえばいい‬
‪ ‬
‪半身の構えで‬
‪ ‬
‪あなたの求めてる‬
‪ ‬
‪感動なんて‬
‪ ‬
‪決して生まれないのだから‬
‪ ‬
‪本当の本当‬
‪ ‬
‪あなたは‬
‪ ‬
‪事業を通じて‬
‪ ‬
‪何を得たい?‬
‪ ‬
‪一番初めのはじめ‬
‪ ‬
‪あなたを突き動かした‬
‪ ‬
‪衝動はなんだったのか?‬
‪ ‬
‪いつだって‬
‪ ‬
‪答えはそこにある。‬
‪ ‬
‪事業者が大切にすべき‬
‪ ‬
‪あり方は‬
‪ ‬
‪「たとえ、無料でも自分がやりたいこと」を‬
‪ ‬
‪お客さんが‬
‪ ‬
‪「いくら払ってでも買いたい」と感動するくらいのレベルに‬
‪ ‬
‪とことん仕上げていくことだ。‬
‪ ‬
‪お金とは‬
‪ ‬
‪エネルギー‬
‪ ‬
‪コミット‬
‪ ‬
‪本気の宣言だ‬
‪ ‬
‪「自分で事業をやりたい」‬
‪ ‬
‪一番はじめのはじめ‬
‪ ‬
‪自分が捉えた感動を‬
‪ ‬
‪自分の可能性を‬
‪ ‬
‪他の誰でもなく‬
‪ ‬
‪あなた自身が信じ抜いていけ‬
‪ ‬
‪なんど折られようとも‬
‪ ‬
‪あなたはあなたを導いていけ‬
‪ ‬
‪そして‬
‪ ‬
‪どこまでも‬
‪ ‬
‪感動していけばいい‬
‪ ‬
‪稼いでいけばいい‬
‪ ‬
‪僕らなら、大丈夫。‬
‪ ‬
‪大丈夫。‬