望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

【決定版】 「集客がうまくいかない時」の『原因&対策』 〜事業者として、一番大切にすべきこと〜 

「集客がうまくいかない」
 
そんな事業者が向き合う「逆境」から
 
何度でも、蘇る術を、まとめたよ!

僕が
 
事業者として、一番大切にしたいエッセンスを

込めたから

迷ったら

いつもこの基本のキに戻ってきて。

 


   
——
 
「集客がうまくいかない」
 
その根本の原因は、
 
あなたが自分の事業に
 
【飽きている】ことだ。
 
本当のところ、わかっているはずだ。
 
もう、それには
 
自分の心が震えていないことを。
 
それでも
 
「そこそこ、できることだから」
 
「これまで、満足してもらっていたから」
 
「ある程度、稼げそうだから」
 
そんな【打算】にのまれて
 
【力技】で「やっちゃった」
 
そんな

深いところにある
  
その「惰性マインド」が
 
そのイケていない集客結果を生んだんだ。
 
一生懸命やろうが、どれだけ気合をいれようが
 
【打算】【力技】では、人は動かない
 
お客さんは
 
あなたの迷いを感覚で、わかってる。
 
今の時代
 
みんな
 
「自分にとって”最高”」のものしか
 
買わなくなくなっている
 
「そう!
 
私が欲しいのはこれだったの!
 
いくら払ってでもほしい!
 
そんな自分を信じたい!」
 
お客さんは
 
そう叫びたがっている。
 
あなたの商品は
 
お客さんの、その叫びを
 
引きだせるだろうか?
 
その一点が問われてる。
  
そのためには
 
何よりも
 
誰よりも

まずは
 
あなたが、自分のやっている事業に
 
自分の提供する商品に
 
【感動】していることだ
 
——
 
とはいえ・・・
  
「最高に感動する商品が、中々見えてこない」
 
そんな時もあるだろう。
  
その期間は、誰だって悶々とする。
 
焦りや、不安も湧いてくるだろう
  
その悶々とした期間に耐えきれず
 
【力技】で新しいものを作りたくもなるだろう
 
でもね、その先には

「全力で投球したのに、なぜか集客うまくいかない・・・」
 
そんなドツボが待ってるから、一度立ち止まってみてほしい。
 
そんな状態から
  
ブレイクスルーする術を伝えていこう。
  
——
 
「再度、最高に感動する商品をつくるには?」
 
その答えは、たった一つ。
 
「すでに、出会っているお客さんに、全力を出し切ること」
 
そう。
 
いつだって、一番近くにいる人が
 
新しいビジョン・商品を教えてくれるんだ
 
「集客がうまくいかない。新しい商品が生み出せない。」
 
そんな時は、自分に問うてみてほしい
 
・いまのお客さんの成果に感動しているか?
 
・いまのお客さんとの関係性は、最高に【喜び】はあるか?
 
・いまのお客さんに、本当はやりたいけれど、やれていないことはないか?
 
・いまのお客さんに、本当は言いたいけれど、言えていないことはないか?
 
こう問うてみて
 
少しでも違和感があるのなら
 
あなたは、無意識にエネルギーを
 
とられてしまってる
 
それこそが
 
新しいビジョン・商品が
 
カタチになるのを邪魔してるんだ
 
だったら、まずは
 
その違和感に向き合っていくことだ

 
「これ以上求めたら、負担じゃないか?」
 
「この想いは、自分のエゴなんじゃないか?」
 
「いまの関係性を壊してしまうんじゃないか?」
 
「いまだって満足しているし、わざわざ波風立てなくても?」
 
そんな日和ってる
 
【出し惜しみ】している
  
自分に喝をいれて
 
もっと、お客さんに踏み込んでいくことだ
 
これまで踏み込まなかったところまで
 
踏み込んでいったなら
 
当たり前にように 
 
新しい出来事が起きてくる
 
新しいお客さんに一面が見えてくる

新しい自分の【本音】が見えてくる
 
ある時は
 
お客さんが、予想以上の【奇跡】を見せてくれるだろう
 
その瞬間、味わったことない【感謝】が溢れるだろう
 
それを体験してしまったら
 
そしたら、次やる商品は
 
その【奇跡】【感謝】こそが、最低基準となってくる
 
また、ある時は
 
それまで覆い隠されていた【歪み】が見えてくるだろう
 
これまで

味わったことない【怒り】【悲しみ】【切なさ】を感じるかもしれない
  
だからこそ、あなたは、そこで誓うんだ
 
「もう、自分にこんな想いはさせない。」
 
「次は、○◯な人と、××の基準でやる。」
 
それが、次の商品のコアだ。
 
——
 
お客さんと深く向き合っていく
 
そこには
 
不安や恐れ、罪悪感
 
そんな痛み
 
あるかもしれない

避けたいな...そう思う時もあるだろう
 
でもね、本当はわかってるはずだ
 
【いまに飽きている】僕らは
 
これまでの「予定調和の展開」では
 
まったく満足しなくなっていることを
 
「集客がうまくいかない。新しい商品が生み出せない。」
 
その出来事は
 
【飽きている】サインだ。

【新たな感動が欲しい】
 
魂が望んでる、その道は
 
いつだって
  
一番近くにいるお客さんと

向き合う中にある。
 
——
 
事業とは
 
商品を通じて
 
お客さんと、まだ見ぬ【景色】を
 
共に、目撃していくこと
 
これまでにない【感動】を
 
分かち合っていくこと
 
そして
 
溢れる【感謝】とともに
 
互いの【存在】を祝福していくこと
 
——
 
現状の違和感を、無視せずに
 
一番近くにいる人と
 
全力で向き合おう。
 
出し惜しみせず
 
妥協せず

僕らは
 
どこまでも、自分の【感動】を
 
求めていけばいい。
 
【決定版】「集客がうまくいかない」時の『原因&対策』
〜事業者として、一番大切にすべきこと〜 
 
僕らなら、大丈夫。
 
大丈夫。