望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

”何者でもない”「わたし」が、大好きだ

あなたが握りしめている

その古ぼけた、重い「わたし」

本当はね、いつだって

捨てたっていいんだよ

 

僕らは

幸せになればなるほどに

欲しいものを

手に入れれば手に入れるほどに

「何者か」になりたがってしまう

過去、手に入れた宝物を守りたがってしまう

-----

・素敵なパートナーがいる「わたし」

・愛する子供がいる「わたし」

・月収100万円稼げる「わたし」

・事業者としてお客さんに喜んでもらえる「わたし」

・フォロワー1000人いる「わたし」

・いつだって幸せそうな「わたし」

-----

その全部

これまでのあなたが

掴み取ってきた

過去の「わたし」

あなたの勇気と覚悟と喜びの

証だ

でもね

いま、ここに

生きている、あなたには

たとえ

その全部投げ出したとしても

進みたい未来がある

手に入れたいものがある

そんな自分を許してやればいい

どれだけワガママで

自分勝手で

向こう見ずで

無責任に思える自分の思いでも

耳を澄まして、聞いてやればいい

あなたの魂が

求めてやまない「愛」

それは

あなたの存在を

説明しようとする

全ての過去を剥ぎ取って

剥ぎ取って

それでも、なくならない

丸裸の「あなた」が望んでいるものだ

許してやればいい

あなたは

何者でなくてもいい

持たざるものでもいい

そんな、あなたでも

欲しいものを欲しいと言えばいい

無条件に

望みを叶えていけばいい

罪も罰も、そんな幻想を超えて

◆”何者でもない”「わたし」が、大好きだ

僕らなら、大丈夫。

大丈夫。