望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

『ブス』に甘んじるくらいなら、「今世」は終わりでいいんじゃない? 〜【生き方の美しさ】と【ビジュアルの美しさ】と【売上】の関係性〜

f:id:nekopenguin0705:20170819002645j:plain

正直に、告白しよう。
 
「美男・美女”だけ”に囲まれて、生きていきたい。
 
そして…
  
やっぱり、『ブス』『デブ』『肌カッサカサ』は
 
とことん嫌いだ。気分がよくない。」
 
僕は、強くこう思ってしまっている

 


 
この投稿をきっかけで
 
もう「フォロワー」も「友達」も激減するかもだけれども
 
なんか言わなきゃならん、衝動にかられてしまったから 
 
いさぎよく書いてみる。(”まともな事業者”としては、アホだw)
  
まぁ、元・SEX依存のナンパ師の男が
 
ゲスくない訳ないんだから

ご勘弁ください(ᵔᴥᵔ)
 
——
 
僕は、昔から変わらず
 
『ブス』『デブ』『肌カッサカサ』は、とことん嫌いだった。
  
でも、どこか
 
「人は見た目じゃないよね〜!」
 
「ブスでもOK!デブでもOK!肌カッサカサもOK!ぜんぶ、許せば平和!」 
 
「美人もブスも、魂レベルではワンネス!!」
 
そんな思考を介して
  
このゲスいエゴをいなそうとしてきた。 
 
「これは、自分の何かしらのコンプレックスからきているのでは?」
 
「これは、僕が精神的に未熟なのでは?」
 
「これは、【分離感】満載の考えなのでは?」
 
そう、自分に数え切れないくらい問うてきた。

油断すると、いつも自分責めにはいるw
 
でも、毎回、いきつくのは
 
・・・
  
「とはいえ、嫌いなもんは、嫌いなんだもん!
 
『ブス』も、『デブ』も、『肌カッサカサ』も!」
 
「だって、男女かかわらず
  
心がトキメク
 
美男美女と一緒にいたいんだもの!」
 
どれだけ自分に問うても
 
そこへ行き当たる。
 
そしたらさ
 
もういい加減、諦めて
 
このエゴを愛し、とことん探求していこうと思う。
 
もし、これを未熟さと呼ぶのなら
 
未熟な若者として、僕なりの美学を発信していこうと思う。
 
——
『ブス』に甘んじるくらいなら、「今世」は終わりでいいんじゃない?
——

今回は、『ブス』という性質にフォーカスしよう
(この性質がデブも肌カサカサもつくってる)
 
そう。
 
『ブス』とは、一つの『性質』だ
 
「自分の本音を生きる」ことの
 
真逆にある『心のあり方』のことだ
 
「ビジュアルがブス!」というのは
 
その『あり方』が、ビジュアルに現れているにすぎない。
 
『自分を愛する』と決めていない
 
潔くない・ダサい『あり方』が『ブス』を量産してるんだよ
 
自分が本当にやりたいこと・言いたいことを
 
自分に許す勇気もなく、我慢して
 
日々、ストレスを勝手に自分にしいている。
 
自分のご機嫌よりも、誰かの顔色・世間の評価に
 
いつも勝手に自分で振り回され
  
心の余裕もなくなって
 
「自分が何を感じているのか?」すら
 
わからなくなっている
 
そうして、日々・夢遊病のように
 
いきあたりばったりの生活を送ってる
 
その結果が
 
過小or過多のバランス不調な食事からくる
 
痩せすぎor太り過ぎの「プロポーション」
  
統一感・価値観の見えない無味な「メイク」「ファッション」
 
地に足ついていない「身体のふるまい」だ
 
ちなみに
 
それが、まんま放置されていて、ビジュアルでも
  
ぱっと分かる【ブス】と
 
一方で
 
その【ブス】なあり方を
 
覆い尽くすべく『マニュアル思考』によって
  
ベタベタにビジュアルを
  
コーティングしている『機械化人間』もいる
 
僕は、このカテゴリーの人を
  
「コテコテ厚化粧ブランディング女子(男子)」と読んでいる(どうぞ使ってくださいw)
  
そして、残念ながら
  
ブログ・FB上に生息している事業者にも
 
この「コテコテ厚化粧ブランディング女子(男子)」は数多くいる
 
もう、死ぬほどイケていないのに、マニュアルにはまった、ドヤり具合は
 
【不調和】の一言だ

でも、見る人が見れば、正体は一瞬で見破られるのよ
 
「我慢して、事業してんな〜」とか
 
「ぶっちゃけ、いまのお客さんに飽きてんのに、握りしめてんな〜」とか
 
「自分が次にいく『勇気がないこと』を
他人と比較した『幸せマウンティンング』でごまかしてんな〜」とか
  
「人を人ではなく、カネとしてみてんな〜」とか
 
全部、投稿一つ、写真1枚で
 
人の心には、伝わっていくんだよ
 
もし、【ブスなあり方】に甘んじたまま
  
ビジネスしている事業者がいたら
 
本当、誰も幸せになんないから
 
潔く、事業やめた方がいいと思う。
(その場合は、他に才能あるんだから、そっちを目指して)
 
・・・いかん・・・事業者ディスりになった汗
 
話を戻そう。
 
事業者であろうと、なかろうと
 
女性でも、男性でも
 
自分の中の【ブス】性を、絶対に駆逐すべきだと
 
僕は思っている
 
〜 
自分が本当にやりたいこと・言いたいことを
 
自分に許す勇気もなく、我慢して
 
日々、ストレスを勝手に自分にしいている。
 
自分のご機嫌よりも、誰かの顔色・世間の評価に
 
いつも勝手に自分で振り回され
  
心の余裕もなくなって
 
「自分が何を感じているのか?」すら
 
わからなくなっている

 
この要素が、自分の中に1mmでもあるのなら
 
必ず、現実に不調和がおきている
 
それは、【身体】に出ているかもしれない
 
それは、【顔】に出ているかもしれない

それは、【メイク・ファッション】に出ているかもしれない
 
それは、【人間関係】に出ているかもしれない
 
それは、【お金】に出ているかもしれない
 
そう。
 
全部、あなたが【ブス】に甘んじているせいだよ
 
それを、心から自覚した時こそが
 
【ブス】からの脱却できるチャンスだ
 
そこから
 
あなたの
 
【美の探求】の旅が始まっていく
 
——
  
あなたは、あなたの【美しさ】を、まだまだ知らない
 
もちろん

僕も、僕の【美しさ】を、まだまだ知らない
 
そう。
 
僕らは、自分の【美しさ】を知るために
 
それを思い出すために
 
今世、生きていると思うんだ
 
だったらさ
 
万が一
 
その美の探求を諦めて
 
『ブス』に甘んじるくらいなら
  
「今世」は終わりでいいんじゃない? 
  
まぁ

僕は、絶対そんなの嫌だ。

・・・
  
そういえば
  
【生き様の美しさ】と【ビジュアルの美しさ】と【売上】の関係性について
 
一切、かけていない・・・
 
まぁ、くわしくは次回以降にしよう!w
 
今回は、僕の変化のサンプルだけ貼っとく!
 
「男性」でこれだけ変化するんだから
  
【ビジュアル】にレバレッジのかけやすい
 
「女性」の変化は

この数十倍・数百倍のポテンシャルを
 
秘めている。
  
これまで事業を通じて出会ってきた
 
【自分を生きる】生き方目指す
 
約300人の男女

その人たちの生き方/ビジュアルを俯瞰してみると
 
ある程度、【美】の法則性・仮説が見えてきた。
 
それを、これから発信していくね。
 
こんな切り口で、発信して!とか 
 
これについて聞きたい!っていうものがあれば
 
コメントやメッセでどうぞ^^

あとは、ファッションやメイクに情熱を燃やしている人とも、今後何か一緒にできたらと思ってるから

ピンときたら想いをメッセもらえたら!
 
最後に!
 
この投稿をシェアしてくれると
 
次回以降、さらにエネルギー込めて書きたくなるんで、よろしく!
 
◆『ブス』に甘んじるくらいなら、「今世」は終わりでいいんじゃない?
〜【生き方の美しさ】と【ビジュアルの美しさ】と【売上】の関係性〜
 
僕らなら、大丈夫。
 
大丈夫。