望みを叶える物語

◆人生の主人公として、感動をうみだす◆幸せなライフスタイルをビジネスにする生き方を伝えます。

あなたが「稼いで”いない”」のは「稼ぐ」より、「やりたいこと」があるからだよ

もうタイトル、そのまんまだ。
 
前、稼いでいようがいまいが関係なく
 
もし、あなたが「今」
  
「稼げていない」状況があるならば
 
「稼ぐ」より、「やりたいこと」があるからだ

 


 
それは

「ただ、休むこと」かもしれない
 
「いまある幸せを受け取ること」かもしれない
 
「家族に頼ってみること」かもしれない
   
「一番情けない自分を受け入れること」かもしれない
 
「とりたくない責任を引き受けること」かもしれない
 
その全て 
 
あなたが、【幸せ】になるために
 
心の深いところから、湧きあがってきている【本音】だ
 
その【本音】を
  
自分の下手プライドにしがみついて
 
裁いたり、見て見ぬふりして
 
向き合うべきことから逃げ出して
 
無理くり事業を進めようとしたって
 
そんなマインドで
 
稼げるわけないでしょう
 
自分すら幸せにできない奴が
 
なに他人のお節介までやいているのか
 
まずは、自分ごとを完了させることだ
 
当たり前だけど
 
僕らは、【事業】のために生きているんじゃない
 
やりたいことを、やりたい時に、やりたいだけ、どこまでもやれるように
 
どんな自分を愛せるようになるために
 
どこまでも自由を探求していくために
  
その手段の一つとして【事業】をやっているはずだ
 
目的は【自由】
 
手段は【事業】
 
——
 
いつだって、この世界ははっきりと
  
僕らがいま向き合うべき「テーマ」を
 
新たに許していくべき「自分の姿」を
 
現実を通じて教えてくれる
 
そのテーマを一つ超えるたび
 
その自分を一つ許すたび
 
そうやって、自分ごとを完了させていくたびに
 
あなたは、より純粋に自分の事業を愛せるようになる
 
どれだけ、プライドたてようとしたってね
 
見てくれのいい「自分」にしがみついたって
 
魂からの「本音」には抗えない
 
抗えば抗うほどに、現実が滞っていく
 
その全て、現実が教えてくれる
 
——
僕ら事業者が
 
いつも問われているのは
 
月7桁稼ごうが
 
月8桁稼ごうが
 
そんなの関係なく
 
いつでも、まっさら振り出しに戻れる「覚悟」
 
その一点だ。
 
もし、あなたが「今」
  
「稼げていない」状況があるならば
 
たとえ
 
バイト生活になったとしても
 
それでも事業をやってやる
 
コツコツだけど
 
妥協なく
 
絶対、自分のやりたいことを
 
やらせ続けてやる
 
まずは
 
そう自分に言ってやればいい
  
いま、お金でどんづまってるなら
 
自分を追い詰めている変なプライド捨て去って
 
いますぐバイト入れりゃいい
 
そこから、また何度でも積み上げればいい
 
その自分の姿を堂々と誇ればいい
 
そうやって「安らぎ」を自分に与えてやればいい
 
その「安らぎ」の中でこそ
 
あなたは、いま一番やりたいことを
 
素直に自分にやらせてやれるから
 
あらゆる対価を払っても
 
今一番、やりたいことを、無条件にやりきっていく
 
どんづまりの現実を変えていくのは
 
その「勇気」だけなんだ
 
そして
 
「勇気」ある一歩を踏んだ人からね

世界の優しさを確信できるから
  
◆あなたが「稼いで”いない”」のは「稼ぐ」より、「やりたいこと」があるからだよ
  
あなたが、いま一番やりたいことは何ですか?