願いが叶う物語

純粋で、透明な、私へ還る。

「どうしようもないの!わかってよ!」

この10月は

 

「幸せ」「苦しみ」の振り幅をがっつり感じる月だった

 

 

月の前半は、好調でね

 

コンサル生と、グランピング@星のや富士で、超平和で楽しい時間を過ごしたり

f:id:nekopenguin0705:20171015144601j:plain

↑photo by Kanae Suzuki

f:id:nekopenguin0705:20171012154523j:plain

 

唯と葵と三人で過ごす、ゆったりとした日常に安らぎを感じたり

f:id:nekopenguin0705:20171031193837j:plain

 

 

唯と夫婦水入らずで、紅葉に色づく軽井沢で、幸せを感じたり

f:id:nekopenguin0705:20171031194215j:plain

 

 

そんな【光】の部分がある一方

 

特に、後半は、家庭がうまくいかんでね

 

唯がプチ家出するくらい

  

本気で「離婚危機」ともいえるくらいの喧嘩を繰り広げてた.

 

【闇】の時代w 

 

「一月で

 

ここまでの振り幅ありっすか?

  

もう自分

  

心も身体ももたないっすよw」

 

そう神様に言いたくなる気分だった。

 

——-

 

振り返れば

  

喧嘩の火種は、ほんの小さなことで

 

ゴミ出し忘れた~、とか

 

排水口の掃除してない~、とか

 

なんか機嫌悪い~、とか

 

その言い方きつくない?、とか

 

ミルクあげすぎじゃない?、とか

 

その出来事自体大したことじゃなかったのに 

 

お互いに妙にイラついて

  

次第にヒートアップして

 

相手を傷つけるような言葉を吐くようになっていた 

  

自分の嫌いな自分になってしまっていた

 

いま、振り返れば

 

ちゃんと落ち着いて話しあえば

 

おおごとにならんかったんだけど

 

渦中にいる時には、お互い「正論」だと思って

 

話つづけるから、一向にまとまらんわけだ。

 

もうねお互い、宇宙人と話している気になる

 

そんくらい話が噛み合わないw

 

数日間、そんな喧嘩モードがあって

 

お互い、とても息苦しい期間を過ごしていたんだ

 

そんな中、僕も

 

「家が最悪の雰囲気で

 

それで俺の仕事がうまくいかなくなったら

 

唯のせいだからね」

 

なんて、超情けない他責なこと言ってしまったり

(そのあとは、「人のせいにするな!」と真っ向からぶつかる)

 

唯は唯で、葵がびっくりするくらい

 

怒鳴ることがあって

 

「こんな自分を見せるのが一番嫌なの!」

 

そのことに自分でまた落ち込んだり

 

悪循環のループにはまって

 

出口が一向に見えなかった

 

その果てに、唯は家を出ていってしまうし※当日、夜に帰宅(汗)

 

でも、僕も

 

ここまでこじれた状態は過去なかったもんで

  

どうしたもんかと頭を抱えて

  

「もう、一緒にいない方がいいのかもしれない」

 

そのくらい絶望に打ちひしがれていた

 

——

 

そんな中

 

帰宅した唯が

 

突然、ぽろりと僕にいった

 

「前言ったじゃん

 

産後、ホルモンバランスが崩れるって言ったのに

 

どうしてわかってくれないの」

  

とても苦しそうに、本意じゃなさそうに

 

その声を自分で裁くように

 

でも、唯は現状を認めて

 

勇気を出して絞り出してくれた

 

僕は、その言葉に、はっとした。 

 

そして、見落としていたことに気づいたんだ

 

そう。

 

本当は、二人とも言いたかったんだ

 

「この不安も苛立ちも不調も

  

自分のせいじゃない。

 

なんとかしようとしてるけど

 

今の自分じゃどうしようもないの!

 

そんな時もあるじゃん。

 

わかってよ」

 

——

そう。

 

僕ら二人とも

 

すべて、自分でなんとかできると思い込み

 

責任を負いすぎて

 

自分を無理させすぎていたんだ。

 

振り返れば

 

僕も、ここ最近は

 

妙に寂しさが湧き上がってきたり

 

苛立ちがつのったり

 

事業への情熱が湧かなかったり

 

未来に不安になったり

 

気分が不安定だったんだと思う

 

(星詠み的には、僕は毎年9~12月このモードらしい

※これまで全く受け入れてなかった)

 

唯の方は

 

産後のホルモンバランスの影響や

  

子育ての不安もあって、体調が優れなかったりとか

 

自分の心と身体が自分のものじゃないようで

 

とっても不安になっていたらしい

 

でも、お互い

  

それは自分がなんとかする問題だからって

 

相手に迷惑かけないように

  

なんとか処理しようとして

 

自分で抱え込んで、外に出さないようにしていた

 

でも、なんとも解消できないことがあって

 

そのことにもどかしさや無力感を感じて

 

「不安」や「苛立ち」として

  

漏れ出てしまっていた。

 

でも、どうしても

 

そんな「できない自分」を認めたくなかった。

 

そのせいで、ずっと

 

二人の間で、不調和な時間が流れていたんだ

 

それに気づかないまま

 

話しあいという

  

言い合い・責め合いを繰り広げて

 

ストレスが積もり積もって

 

お互い、一番見たくない自分を

 

晒すところまでいってしまっていたんだ 

  

振り返れば

 

正直ね

 

喧嘩の内容そのものに本質はなかったんだ

 

——

 

僕には、一つの強い信念をもっている

 

それは

  

何があっても「自分を生きる」ということ

 

「自分を生きる」

=自分の人生に起きた出来事・結果全て

100%自分が創り出したものとして、責任をとる。

他の誰かや、何かのせいに一切しない。

 

2年前

  

この信念に基づいて生き始めたからこそ

 

自分が欲しいものは全部手にしてきた

  

だからこそ、僕はどこかで驕っていたのかもしれない

 

「自分を生きれば、なんだって望み通りになるし

 

そのスタンスで接していけば

  

自分の大切な人も、必ず良くすることができる」

 

そう盲信していたのかもしれない

 

でも、その裏側には

  

同時にずっと禁止していることがあった

 

それは

 

「不調や不具合を、誰かや、何かを原因と捉えて

 

ただ置いておくこと。」

 

自分が禁止していた、その信念を

 

無意識に、周りに強いてしまって

(特に、唯に対して)

 

言いたい弱音を言えないくらい

   

無理させすぎていたかもしれない

 

——-

  

ようは・・・

 

もっと力抜けばよかったってこと汗

 

「そんな時もあるよね~

 

ホルモンバランス的な不調もあるよね~

 

星の動き的に、いまは調子悪いよね~

 

そういう時もあるよね~」

 

そうノホホンと

 

自分じゃない、何かのせいにすることも 

 

時には、ちょっとくらい

  

自分にも、相手にも許してあげればよかったんだ

 

——

 

「禁止しているものほど、近づいてくる」

 

今回の件は、それを学ばせてもらった

 

僕は

 

「自分を生きる」ことを選ぶために

 

「自分以外に原因を求める」ことを裁いていた 

 

でも、やっぱり僕は弱い。

 

本当は、誰かの、何かのせいにしたい

 

そんな時もあったんだと思う

 

その、「自分の弱音」を聞いてこなかったツケを

 

今回払わされたんだと思う

 

もうね・・・

 

こればっかりは、やりきらないとわからん泣

 

---

 

「愛せなかった自分を、愛せるようになっていく」

 

僕らは、死ぬまでこの旅路を歩んでいく

 

時に、前に進むため

 

何か(自分のどこか)を裁いたり

  

責めたり、否定したりすることもあるだろう 

  

それがエネルギーになるのなら

 

とことんやりきればいい

  

でも、最善のタイミングで

 

その裁いたり

  

責めたりして否定したりした自分を

 

受け入れて

 

許すタイミングが来るんだと思う

 

その時は、とっても戸惑って

 

アタフタしちゃうと思うけど

 

そんな自分すらも許せばいい

 

そうやって、僕らは不器用ながらに

  

もっと 

 

軽やかに

 

もっと大きな

  

安らぎと

 

もっと大きな

 

喜びに

 

包まれて生きていけるようになる

 

 

「この不安も苛立ちも不調も

  

自分のせいじゃない。

 

なんとかしようとしてるけど

 

今の自分じゃどうしようもないの!

 

そんな時もあるじゃん。

 

わかってよ」

 

とことんこじれた喧嘩モードも

 

お互いに

 

自分の中に眠っていた弱音を自覚して

 

伝え合って、抱きしめあって

  

やっと終息を迎えた。 

 

唯も僕も

 

いつも無理しすぎて、頑張りすぎて

 

まっすぐにぶつかって、傷つけあってしまう。

 

でも、そのたびに、少しづつ自分に優しく

 

互いに優しくなれている

 

こうやって、僕は

 

喧嘩を繰り返す度に

 

「やっぱり唯と生きていきたい」

 

毎度毎度、その思いが強くなっていく 

 

死ぬまで終わらない旅だけど

 

正直に、素顔の自分で

 

愛する人と

 

向き合い続けていきたいと思うのです。

  

まだ見ぬ愛を求めて。

 

 

以上

  

赤裸々に、現場からお届けしましたw

 

 

 

 

P.S

 

こんな感じで!(どんな感じだw)

 

「愛せなかった自分を、愛せるようになっていく」

「自然体へ還る」

 

そんなテーマの単発グループセッションをやることにしたから

 

興味ある人は、LINE@に参加しておいてね!

 

今週中にお知らせするね^^